« 余計なお世話 | トップページ | サンデーモーニング関口さん »

2010年9月18日 (土)

「人・脈・記」

 昨日の朝日新聞のコラム「人・脈・記」で面白い話があった。

 このコラムはめったに読まないのだが、「ニューハーフ故郷へ帰る」という見出しと綺麗?ケバイ?女性の写真に目が止まって、記事に目を向けると、私の好きな桑田佳祐さんの名前があったので、つい記事全部を読んでしまった。

 今日の「人」ベティ・春山さんは、大阪の「おかまバー」でホステスをしていた。

 1981年、彼女?が25才のときに、桑田事務所の有力者が来店した縁で桑田佳祐さんの作詩作曲でレコードデビューをすることになった。

 作者の桑田さんを前にして、彼女?は上がってしまってうまく歌えず数時間が過ぎた。

 嫌な雰囲気を払って桑田さんが言った。「ねえ、ベティはどこの国のハーフなの?」

 西洋人のような顔だちを見て、桑田さんは勘違いしたらしい。

 ベティが言い返す。
 
「ばかねえ、男と女のハーフじゃないの」

 スタジオは笑いに包まれた。

 これはいいと、ベティを「ニューハーフ」と称して売り出すことにした。

 以後、男だったが女としてタレントやホステスをしている人たちをひろくニューハーフと呼ぶようになったそうだ。

 残念ながらこのときのベティ・春山のデビュー曲「I LOVE YOU はひとりごと」は、ユーチューブを探してみたけど見当たらない。

  代わりに、原由子の「I LOVE YOU はひとりごと」があった。

« 余計なお世話 | トップページ | サンデーモーニング関口さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/36793262

この記事へのトラックバック一覧です: 「人・脈・記」:

» 本当は怖い愛とロマンス(初回生産限定盤) |桑田佳祐 [ベストアンサー]
本当は怖い愛とロマンス(初回生産限定盤)桑田佳祐ビクターエンタテインメント発売日... [続きを読む]

« 余計なお世話 | トップページ | サンデーモーニング関口さん »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ