« B-1グランプリ | トップページ | 大阪地検、偽証明書データ改ざん »

2010年9月21日 (火)

ゴミの分別

 私は、ゴミの分別をこまめにやっている。

 「混ぜればゴミ、分ければ資源」というコピーに魅せられてのことだ。

 私は、人間が生きていくことが、すなわち環境破壊なのだと感じている。

 毎日大量のゴミを作り出しことに罪悪感を覚える。

 そんな私には、「分ければ資源」という言葉は自分のもっている罪悪感を払拭してくれる免罪符になる。

 私が出す「資源ゴミ」は、「一般ゴミ」として出すゴミの数倍の量になる。


 私の町では、去年までは空き缶と空きビンそしてペットボトルのみが「資源ゴミ」だった。

 リサイクルマークがついているプラスチック類も「燃えるゴミ」として収集していた。

 それが今年からはプラスチック類(発泡スチロールも含む)も「資源ゴミ」として収集されるようになった。

 それと併せて「燃えるゴミ」も「燃えないゴミ」の収集は有料化された。

 分別して捨てる、「ビン」「缶」「ペットボトル」「プラスチック」は無料だ。

 当市では、今までは全部のゴミが無料だった。

 ペットボトルは「資源ゴミ」として指定されていたが、「燃えるゴミ」として出してもかまわなかった。

 全部のゴミが無料だから、ペットボトルは「資源ゴミ」として分別されることは少なく、「燃えるゴミ」として出される量の方が圧倒的に多かった。

 しかし、ゴミ有料化に伴いペットボトルの大半が「資源ゴミ」として分別されるようになり、さらにプラスチックも「資源ゴミ」の取り合いがされるようになって、「資源ゴミ」の量は数倍に増えている。

 その影響で、今まで隔週だったペットボトルの回収が毎週回収されるようになった。

 私が管理しているマンションのゴミ集積所を見てみると、ゴミ有料化でゴミの量は減ったのだが、無料で収集することになったペットボトルとプラスチック容器の量は数倍に増えている。

 今までは、これが全部燃えるゴミとして捨てられていたのだから、本当にリサイクルされるのだったら結構なことなのだろう。


 しかし、単一材であるペットボトルだけだと気にならないのだが、プラスチック類を見ていてると、これが本当にリサイクルされるのだろうかと疑問に思えてくる。

 ビニール、ポリエチレン、硬化プラスチック、発泡スチロールと、その種類は膨大だ。

 それに食品の包装しなどは、きれいに洗ってだしている気配はないし、こんなモノが資源として再利用されるのだろうかと疑問に思う。


 そう思い始めると、「ビン缶」の資源ゴミについても疑問がわいてくる。

 当市の既定では、「ビン」も「缶」も同じ透明袋に入れて出すことになっている。

 本当にリサイクルするのだったら、「アルミ缶」「スチール缶」「透明ビン」「色付きビン」として出さないといけないような気がするのだが、ごちゃ混ぜでいいことになっている。



 武田邦彦氏は、ベストセラーとなっ『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』で、リサイクルは全然行なわれていないと言っている。

 この本の内容全部を真に受けることはできないが、当市で行なわれているゴミ分別を見る限りでも、私たちがチマチマと分別して自己満足している「資源ゴミ」のほとんどはまやかしのように見えてしまう。


 前に言ったことだが、あるテレビ局が長期間の取材を行い、「資源ゴミ」の処分を行なうべき業者が、こっそり別の県にゴミとして搬出している現場を撮って報道していた。

 その後ずっとテレビを見ているが、同様な報道を見ることはできていない。

 果たして「資源ゴミ」の何割が資源として再利用されているのだろうか。

 これは私の個人的興味だが、時間があったら、当市の「資源ゴミ」の行方を私が追跡調査してみたい。


 しかしこれは、日々の生活に追われる私にとって、可能性のない意味のない話なのだが。

 武田邦彦氏の「リサイクルの嘘論」は極端すぎるが、リサイクルについてはじっと検証する必要のある問題だと思う、昨日の出来事だ。

« B-1グランプリ | トップページ | 大阪地検、偽証明書データ改ざん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/36853277

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミの分別:

« B-1グランプリ | トップページ | 大阪地検、偽証明書データ改ざん »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ