« 延命治療を拒否した和田勉さん、事前指示書作成のすすめ | トップページ | 賃貸物件のエアコンの修理代は? »

2011年1月20日 (木)

中国がGDPで日本を追い抜き、世界第2位の経済大国に

 中国国家統計局の発表によると、2010年のGDPが日本を抜いたことが確実となったそうだ。
 日本は42年もの間保ってきた世界第2位の経済大国の座を明け渡すことになった。
 
 このニュース報道で、テレビがまた馬鹿なインタビューをしていた。

 歓喜の涙を流す中国国民の映像と、抜かれたことにくやしがる日本人の声を報道していた。

 中国人が喜ぶのはよくわかる。

 貧しかった発展途上国から、ようやく脱却できたひとつの証と言えるからだ。

 しかし、それを聞いて心の底から悔しがる日本人がどれだけいるだろう。

 中国の人口は13億。

 国民1人あたりのGDPは、日本にはるかに及ばない。

 長期にわたって世界第2位の経済大国の座を明け渡すのは、少し寂しいきはするが、地団駄踏んで悔しがる人はそう多くはないだろう。

 それなのに、テレビのニュースでは街行く人にこのニュースを伝え、そしてマイクを突きつけ「どう思いますか」と質問する。

 そう聞かれれば「悔しいですね」と答えるしかない。

 そこを切り取って「悔しい」のオンパレード。

 さらに馬鹿なレポーターが、閣僚にもマイクを向け感想を聞いていた。

 取り立てて大きな反応を示さずに行き過ぎようとしたとき、「悔しくないですか?」と言葉をあびせていた。

 そんな馬鹿な質問している自分が、自国を卑しめていることに気がつかない愚かさ。

 三流の芸能レポーターでもあるまいし、自らももっと勉強し、もう少しまともな質問をして欲しいものだ。

« 延命治療を拒否した和田勉さん、事前指示書作成のすすめ | トップページ | 賃貸物件のエアコンの修理代は? »

10テレビの功罪」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/38544363

この記事へのトラックバック一覧です: 中国がGDPで日本を追い抜き、世界第2位の経済大国に:

« 延命治療を拒否した和田勉さん、事前指示書作成のすすめ | トップページ | 賃貸物件のエアコンの修理代は? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ