« 阿久根市、出直し市長選 | トップページ | 残念な資産家姉妹の孤独死 »

2011年1月10日 (月)

新年の管総理の元気は本物か?

新年を迎えて、菅首相の強気の発言がめだつ。

耳に残っている言葉をならべてみる。

「平成23年を平成の開国元年にする」
「消費税について真剣に考える」
「OPPへの取り組みと、日本の農業のあり方を考える」
「6月を目処に結論を出す」

小沢さんの離党勧告にも言及している。

そして、またしても「政治生命をかける」とのこと。

衆議院選のときにも、民主党の代表者選挙のときにも「政治生命をかけて」いた。

命は一つしかないはずだが、政治生命はいくつあるのだろう。

小泉さんがワンフレーズポリティクスで成功したのを真似て、それ以後の総理大臣たちが国民の耳障りのいいスローガンを掲げて政権を取った。

しかし、スローガンを掲げただけで次々と短期間で交替して行った。

多くの国民が政権交代に期待をしていた。

その期待は完全に裏切られた。

民主党に政権担当能力がなかったことを思い知らされた。

だからといって自民党の政権に戻そうとも思えない。

見た目は派手な格好をした新成人から「日本の将来が不安だけど、自分たちもなんとか力になりたい」という声もあった。

菅さんの力強い発言が、また言葉だけで終わらないことを切に願っている。

« 阿久根市、出直し市長選 | トップページ | 残念な資産家姉妹の孤独死 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/38412763

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の管総理の元気は本物か?:

« 阿久根市、出直し市長選 | トップページ | 残念な資産家姉妹の孤独死 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ