« 一日中、片付け。 | トップページ | 不動産を売却した人は、確定申告が必要です。 »

2011年3月 7日 (月)

前原誠司外相、政治資金規正法違反で辞任

 今日のトップニュースは、各紙、各ワイドショーともに前原誠司外相の辞任騒動。

 政治資金規正法で禁じられている、外国人からの寄付を受け取っていたことに責任をとっての辞任だ。

 次期首相と目される大物閣僚の辞任で、またしても管政権は大きな打撃を受けることになる。

 今回の前原さんの寄付金受領は、明らかに政治資金規正法に違反している。


 菅さんは、辞めることは無いといって慰留する姿勢を示したそうだが、それがそもそも菅さんの政治センスを疑わせるものだ。

 寄付金の額が年間に5万円。5年間で25万円という少額だったということで、辞めるまでのことは無いといったのかもしれないが、それは大いなる間違いだ。

 強盗に入って、奪った金額が1万円円だったからといって、その罪が許されることはない。

 今回の前原さんの寄付金受領は、勘違いだとか、手続き上の間違いだとか、言い訳できる問題ではない。

 明白な法律違反だ。

 責任をとるのが当たり前のことだ。


 それにしても、国会議員さんはそんなにお金に貧しているのだろうか。

 蓮舫さんも政治資金規正法に抵触しそうな献金を受けていた。

 蓮舫さんの場合は、微妙な問題だったが、もらえる金はなんでももらう。

 ばれたら返せばいいという発想では、政治を司るものとして失格だろう。



 それと、これに関して鳥越俊太郎さんのに一言。

 今朝のワイドショーで、鳥越俊太郎さんは前原さんをムキになって擁護していた。

 明らかに法律違反をしており、本人も言い訳の余地がなくて自ら辞任したのに、鳥越さんは辞める必要はなかったと強引に主張していた。

 今回の前原さんの問題に限らず、民主党が責められると異常に感情的になって擁護する。それは、ときとして詭弁を弄するよう思えるときもある。

 今日の鳥飼さんの理論がそうであった。

 芸能人であっても、マスコミ人であっても、ジャーナリストであっても、支持政党をもつことはいいとは思うのだが、是々非々で、間違いを犯したときはそれを正すことが必要だろう。



 
鳥越さんは、容姿が良く、話し方も温厚で、中年の星として私があがめている人なのだが、民主党が批判にさらされたときは冷静さを失って見える。

 私の自論の、是々非々で、そのことだけはご意見申し上げたい。

« 一日中、片付け。 | トップページ | 不動産を売却した人は、確定申告が必要です。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/39137818

この記事へのトラックバック一覧です: 前原誠司外相、政治資金規正法違反で辞任:

« 一日中、片付け。 | トップページ | 不動産を売却した人は、確定申告が必要です。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ