« 気に障るAC広告 | トップページ | 日本中の水が消えてしまった »

2011年3月24日 (木)

福島第一原発で、作業員3人が被曝

 東京電力福島第一原子力発電所3号機のタービン建屋地下1階付近で24日午後0時9分ごろ、淡水注入用のケーブル敷設を行っていた作業員3人が被曝(ひばく)した。

 被曝線量は約170~約180ミリ・シーベルト。

 このうち2人は両足の膝の皮膚が放射線物質で汚染され、福島県立医大病院に搬送された。

 この後、放射線医学総合研究所(千葉市)に移送される見通し。

津波による海水や放水で浸水した水につかって作業をしていたそうだ。(読売新聞、時事通信)

 命にかかわる危険の中で、日本のために懸命に働いていてくれている人がたくさんいるのだ。

 お掛けする言葉が見つからない。

« 気に障るAC広告 | トップページ | 日本中の水が消えてしまった »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/39352114

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発で、作業員3人が被曝:

« 気に障るAC広告 | トップページ | 日本中の水が消えてしまった »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ