« 「国王のスピーチ」の感想 | トップページ | 天野祐吉さん「CM天気図」、サントリーのCM「上を向いて歩こう」 »

2011年4月12日 (火)

石川遼君、マスターズで20位入賞。

 私は度量の小さい人間だ。

 それは、自分でもいやになるほどなのだ。

 非常に嫉妬心が強い。

 才能のある人間に憧れることは少なく、嫉妬してしまうことのほうが多い。

 イチローにも嫉妬しているし、ビル・ゲイツにも嫉妬する。

 木村拓也を妬ましく思うし、嵐も嫌いだ。

 そんな私でも、グーの根も出ない、「まいった」と思う人が何人かはいる。

 ビートルズ、長嶋茂雄さん、王貞治さん、桑田佳祐さん等々。

 何人かの人たちの軍門に下っている。

 しかし、その数は多くはない。

 なんせ自分がいやになるくらい嫉妬深いのだ。

 そんな私が、最近「まいった」と思う人の一人に石川遼君がいる。

 「まいった」と思う人を「君づけ」でよんでは申し訳ないのだが、「さん」づけもなんだかわざとらしいような気がして「君」と言わせてもらっている。

 ちなみに、関口宏さんなら、遼君を「さんづけ」でよんでも自然かもしれない。

 その石川遼君が、あこがれのマスターズトーナメントで20位入賞した。

 あの落ち着きはらっていて、ときに年上に見えてしまう石川遼君が、試合終了後のインタビューで、一瞬だが、19歳の少年の素顔を見せてくれた。

 手放しで喜びの声を発していた。


 
今回のトーナメントで獲得した賞金と、1バーディ10万円の合計金額930万円が東日本大震災への初義援金となる。

 遼君の究極の目標であるマスターズトーナメントでの賞金が初義援金になるというのも運命を感じさせる。

 そして今回、またしても「まいった」と思わされたのは、マスターズ出場へ向けて2カ月前から渡米していた遼君が、の遠征期間中に英語を上達させたのはもとより、運転免許も取得したということだ。

 なんと英語での学科試験にも合格しているというのだ。

 それにはお父さんも「まさか合格するとは。やると決めたらなにがあってもやり通すのがあの子だ」と驚いていたという。

 またしても私は、すっかり「まいって」しまった。

 「まいった」は同時に、自己嫌悪に陥るのでもある。

« 「国王のスピーチ」の感想 | トップページ | 天野祐吉さん「CM天気図」、サントリーのCM「上を向いて歩こう」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/39582210

この記事へのトラックバック一覧です: 石川遼君、マスターズで20位入賞。:

« 「国王のスピーチ」の感想 | トップページ | 天野祐吉さん「CM天気図」、サントリーのCM「上を向いて歩こう」 »