« 事前指示書 | トップページ | 国家、国民のための政治家よ出よ »

2011年5月27日 (金)

海水注入問題

 福島原発で、海水注入を中断しただとか、注入は継続していただとか、何をどう騒いでいるのかさえわからなくなってしまう。

 誰かが常に嘘をついているのだ。

 聞いた者は、嘘を信じて嘘の上塗りをして発表する。

 テレビカメラの前で発表したことを、数日だったり、数週間だったり、一カ月近くたって訂正されたのでは、何を信用していいのかわからなくなる。

 報道にも厭き厭きして、ただただ自分が何にもできない無力感だけが増す。



 日本国内では、ぼろかすの菅総理だが、サミットでは指導力を発揮していると好評のようだ。

 どこから見ても指導力に長けていると見えるはずはないのだが、そこが外交の不思議なのだろう。

 放射能汚染水の処理をフランスのアレバ社と契約するようだが、アレバ社が提示した処理費用が、なんと1トン2億円という法外な価格。

 日本の窮状につけこんだ足元をみた価格としか思えない。

 汚染水は最終的には20万トンになるというから、提示価格をそのまま呑むと40兆円という天文学的な数字になる。

 こんな美味しい仕事の見返りが菅さんの賛辞だったとしたら、なんと高い賛辞代だろう。

 日本はこんな屈辱的な外交をいつまで続けるのだろう。 

« 事前指示書 | トップページ | 国家、国民のための政治家よ出よ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/40157982

この記事へのトラックバック一覧です: 海水注入問題:

« 事前指示書 | トップページ | 国家、国民のための政治家よ出よ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ