« 政治家の資質が低すぎる。その前に人間として問題ありだ。 | トップページ | 仕事の慣れを反省。初心に戻れ! »

2011年9月11日 (日)

松下政経塾出身者の欠点と、政治家の不穏当発言。

 鉢呂吉雄産経相が辞任した。

 「死の町」発言より「放射能をつけてやろうか」発言の方が問題視されていたのは当然のことだろう。

  ごたごたせずに辞任したことは不幸中の幸い。


 それにしても、国民の期待を担って船出したばかりの野田新政権だが、鉢呂さんだけではなく、ぽろぽろと問題発言が漏れでている。

 平野博文国対委員長は「今の内閣は不完全で」という思慮の足りない発言。

 政調会長である前原氏は、ワシントンでの講演で、武器輸出3原則の見直しや、自衛隊派遣時の武器使用緩和の必要性を主張してた。

 政調会長という役職は、野田新政権の人事で権限を増している。

 前原さんは総理大臣や外務大臣でないが、その発言は政権運営に影響を及ぼしてくる。

 そもそも前原さんの過激な発言は、自分が目立ちたいがためではないかと信じている。

 国交相に就任するや、すぐに八ツ場ダム建設の現場を訪問し、工事中止を明言した。

 自分の発する言葉が、どんな影響を与えるのかはまったく関知しないという姿勢だ。

 あるワイドショーで、「松下政経塾出身者は、みんなシュートを打ちたがってパスをする者がいない。籠に乗りたがるやつばかりで、籠を担ぐやつがいない」と揶揄されていた。

 言い得て妙!その通り!と思わず手を叩いた。

 前原さんはその典型とも思えるが、今の政治家全体がその傾向にあるようにも思えて、政治にがっかり続きの今日は9月11日。

« 政治家の資質が低すぎる。その前に人間として問題ありだ。 | トップページ | 仕事の慣れを反省。初心に戻れ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/41628064

この記事へのトラックバック一覧です: 松下政経塾出身者の欠点と、政治家の不穏当発言。:

« 政治家の資質が低すぎる。その前に人間として問題ありだ。 | トップページ | 仕事の慣れを反省。初心に戻れ! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ