« 収束宣言。収束したと思っている人は、ただの一人もいないだろう。 | トップページ | 金正日総書記死去 »

2011年12月18日 (日)

やっぱり、批判が集中しいる「収束宣言」

 やっぱり、野田総理の発した「収束」という言葉を否定する声が集中している。

 テレビのワイドショーニュースのタレントが、「多くの人たちが収束したとはおもっていない」と言っていたが、それは絶対に違う。

 「多くの人」ではなくて「すべての人」だろう。

 昨日書いたことなのだけど、言ってる張本人の野田さんだって本当に収束しているなんて思っていない。

 それは野田さんの表情にも明らかだ。

 言っている本人も自分の嘘がばれるのは承知の上で、頭にたたき込んできたセリフを虚しくつぶやいているようにしか見えない。

 細野豪志さんも同じ。

 苦しいけど、口裏をあわせたセリフを繰り返しているだけ。

 日本だけでなく、世界中の誰一人として「収束」しているなんて思っていない。

 だれがこんな馬鹿げた筋書きを作ったのだろう。

 

 

« 収束宣言。収束したと思っている人は、ただの一人もいないだろう。 | トップページ | 金正日総書記死去 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/43413929

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、批判が集中しいる「収束宣言」:

« 収束宣言。収束したと思っている人は、ただの一人もいないだろう。 | トップページ | 金正日総書記死去 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ