« 延岡市桜街道 | トップページ | JR延岡駅前広場の手形・足型モニュメント »

2011年12月12日 (月)

浅田真央さんのお母さん逝去に群がるハイエナマスコミ

 浅田真央さんのお母様が逝去された。

 真央さんは3年ぶりのグランプリファイナルの試合を前に急遽帰国することになった。

 グランプリファイナルを棄権するのも無念だっただろうが、それにもまして最愛のお母さんを若くして失うことになった悲しみは、はかりしれないくらい深い悲しみだろう。

 それなのに、いつものことではあるが、マスコミの暴力的な取材のあり方には怒りを感じる。

 悲しみを全身に背負って帰国した彼女を待ち受ける報道陣。

 そして、彼女に投げつけられるインタビューの声。

 世界的にも話題になるようなニュースだから、マスコミがそれを餌食にしたいのはいたしかたがないところなのだろうが、せめて遠くからカメラにおさめるところでとどめるべきだろう。

 ニュースを報じるキャスターが神妙な顔をして「お悔やみもうしあげます」と喋っているが、偽善以外のなにものでもない。





  
もし私の家族が殺されて、そこにカメラとマイクを突きつけられたら、私はその機材の一切を破壊することだろう。

« 延岡市桜街道 | トップページ | JR延岡駅前広場の手形・足型モニュメント »

10テレビの功罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/43346985

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央さんのお母さん逝去に群がるハイエナマスコミ:

« 延岡市桜街道 | トップページ | JR延岡駅前広場の手形・足型モニュメント »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ