« 庶民の金を巻き上げる、悪徳、公営賭博、宝くじ。 | トップページ | 宮崎西高校 甲子園出場。健闘を祈る。 »

2012年1月28日 (土)

18年ぶりに、スクリーン数減。

 国内の大手映画会社4社でつくる日本映画製作者連盟(映連)は26日、スクリーン数が18年ぶりに減少に転じたと発表した。

増え続けてきたシネマコンプレックス(複合映画館)は既に飽和状態。デジタル上映化が進み、地方の既存館の閉鎖や休館も止まらない。(12.01.27朝日新聞)

東日本大震災の影響もあって、前年比で73の減の3339スクリーンだそうだ。

 そのうち2774はシネコンのもの。

 映連は年間入場者2億人を目標に掲げ、スクリーン数を増やすことで観客増を図ってきた。

 しかしスクリーンの増加に興収増が追いつかず、1スクリーン当たりの興収は下落傾向が続いている。

 シネコン同士の生き残り競争がすでに始まりつつあるという。

 入場者数の減少と併せて、

全国の映画館で今、フィルム上映からデジタル上映への移行が進んでいるそうだ。

 大手シネコンは今年中にフィルム映写機をほぼ撤去する。

 デジタル上映設備をリースする会社もあるのだが、地方の映画館にはそのリースすら受ける体力のない映画館も少なくない。

 北海道苫小牧のシネマ・トーラスの代表者の話では、年間入場者が約6千人だそうだ。

 この2倍はないと、リース会社から話も来ないという。

 年間6000人ということは、一日平均20人にも満たない入場者数である。

 以前、私のブログにも書いたが、当地(宮崎県の北端の街、延岡市)の映画館がまさに同様な状況にある。

  独立系映画館の支援団体コミュニティシネマセンターの伊藤重樹さんは「デジタル化出来ずに廃業する映画館は50館、いやそれ以上出てくるのでは」と予測しているが、わが町の映画館もその一つになるのかもしれない。

 現在でも、見たい映画がかからなくて、宮崎市まで出かけることが多いのだが、スクリーンがゼロになってしまうことは悲しいことだ。

« 庶民の金を巻き上げる、悪徳、公営賭博、宝くじ。 | トップページ | 宮崎西高校 甲子園出場。健闘を祈る。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/43892281

この記事へのトラックバック一覧です: 18年ぶりに、スクリーン数減。:

« 庶民の金を巻き上げる、悪徳、公営賭博、宝くじ。 | トップページ | 宮崎西高校 甲子園出場。健闘を祈る。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ