« 社会保障と税の一体改革 | トップページ | 豪華客船座礁事故で乗客を放置して先に逃げた船長が責められているけど・・・ »

2012年1月17日 (火)

浜崎あゆみさん離婚

 私は結構なおじさんなのだが、それでいて結構ミーハーだ。

 そもそも、ミーハーなんて言葉が死語なんだろうけど、バラエティー大好き、芸能大好きおじさんなのだ。

 ということで、浜崎あゆみさんの「電撃」離婚発表について思うこと。

 浜崎さんは、去年の元旦に結婚することを「電撃」発表して2日に式を挙げた。

 そのときには、「私、浜崎あゆみは、ひとりの人間として、もうひとつのかけがえのない愛にであいました。私たちは今、最も永遠に近い場所にいると確信しています」と喜びを表していた。

 「最も永遠に近い場所に」いたはずなのに、「永遠」というのは1年にも満たなかったようだ。

 原因のひとつが東日本大震災であったとのことで、結婚当初に「アメリカで暮らす」と決めていたのに、その後に起きた大震災を受け、日本を離れたくないという気持ちが芽生え、アメリカでの生活が考えられなくなり、彼をひとりにしてしまう日々が続くことになったということが原因だという。

 その上で、結婚生活を続けて行けるべく2人で何度も話し合ったが、「身体の距離であればお互いに行き来することで埋められると思っていたものが、気がつけば心の距離へと変わってしまっていて」アメリカに移住しようと思っていた頃の自分には戻れなかった」そうだ。

 「身体の距離は埋められるが、心の距離は埋められない」なってセリフは、さすかミリオンセラーの詩(うた)を作ってきた浜崎さんらしい表現だなと感心した。

 「永遠に近い場所」にいて結ばれても、数カ月後には「埋められない心の距離」ができてしまったということだ。

 隊スターの結婚は、離婚も併せて、それが一大エンターテイメントなんだろうけど、ボクなんかは、人間が小さいから、言った言葉にいつまでもひきずられて、こんな事態になったら、恥ずかしくて人前に出れずに、こそこそしてしまいそうだ。

« 社会保障と税の一体改革 | トップページ | 豪華客船座礁事故で乗客を放置して先に逃げた船長が責められているけど・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/43775306

この記事へのトラックバック一覧です: 浜崎あゆみさん離婚:

« 社会保障と税の一体改革 | トップページ | 豪華客船座礁事故で乗客を放置して先に逃げた船長が責められているけど・・・ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ