« インフルエンザ報道、もう少し対策・対処方を報道しろ | トップページ | 食わず嫌いだった「フリクションボールペン」 »

2012年2月 5日 (日)

田中直紀防衛大臣の顔

 自分の頭の蠅も追えないのに、天下国家のことは言うのはおこがましいので慎んでいたのだが、悪い顔の政治家が多い。

 とくに、大臣になるとよけいに顔が悪くなる。

 その典型が、田中直紀防衛大臣。

 田中真紀子さんのご主人ということで、政界一辛抱強い政治家と揶揄されたりしたが、私はそれはそれで評価してしかるべきと思っていた。

 切れ者には見えないが、人の良さそうな風貌は大人(たいじん)の風格を備えているようにも感じていた。

 しかし、報道陣に解放した大臣選任の電話を待っている姿に、この人が大臣になっていいのかと不安を感じた。

 そして、その不安は的中した。

 その後の迷走ぶりは報道の通り。

 大きな身体の上の大きな顔の田中直紀さんが、まるでおびえた小動物の表情になってしまった。

 これは田中直紀さんだけのことではない。

 いい顔の政治家が少なくなってしまった。

 

« インフルエンザ報道、もう少し対策・対処方を報道しろ | トップページ | 食わず嫌いだった「フリクションボールペン」 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/43994917

この記事へのトラックバック一覧です: 田中直紀防衛大臣の顔:

« インフルエンザ報道、もう少し対策・対処方を報道しろ | トップページ | 食わず嫌いだった「フリクションボールペン」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ