« 壊れてしまった?亀井さん。 | トップページ | 子どものいない相続。事実婚で籍に入っていない夫婦間の相続。 »

2012年4月 2日 (月)

石原伸晃幹事長が、政治家のための政治を明言していた。

 自民党の石原伸晃幹事長が、民主党が小沢さんを切って、衆議院の解散総選挙の時期を明確にすれば、消費税法案に賛成もありえると、恥じらいもなく明言していた。

 賛成してもいいってことは、この法案が国家国民にとって必要なことだという証なのだろう。

 国家国民にとって必要な法案だけど、自分たちの言い分を聞かないのなら法案は通さないということになる。

 もしくは、自分たちの言い分を通すために、国家国民のためにならない法案であっても成立させるということなのだろうか。

 そのどちらでしかないことを露呈する発言だよなあと、こんな政治家に命を託している我が身をなげきたい今日は4月2日。 

« 壊れてしまった?亀井さん。 | トップページ | 子どものいない相続。事実婚で籍に入っていない夫婦間の相続。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/44723706

この記事へのトラックバック一覧です: 石原伸晃幹事長が、政治家のための政治を明言していた。:

« 壊れてしまった?亀井さん。 | トップページ | 子どものいない相続。事実婚で籍に入っていない夫婦間の相続。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ