« 今日の無料相談 敷金は返るか? | トップページ | 賃貸住宅の自殺や殺人報道 »

2012年4月11日 (水)

ちょっと嬉しかったこと

 このところ気になっているお客様がいらっしゃった。

 去年店舗を借りてもらったお客様なのだが、このところずっとお店が閉まっている。

 食品の製造販売をするお店で、近くの商店街の開き店舗を借りていただいたのだが、その商店街は人通りが少ない。

 少ないというと、少しは人通りがあるように思われるだろうが、少しも人通りがないのだ。

 まったく無いかというと、まったく無いわけではないが、通りに人の姿が見えないこともある。

 このお客様は、当社の空き店舗募集の張り紙を見て来店された。

 営業内容をお伺いして、私は別な物件をお勧めした。

 このお客様は自分でいいと判断して店舗を来られたわけだから、空き店舗をふさぎたい家主の立場を考えると、余計なことを言わずに契約を進めていったほうがいい。

 というか家主のことを考えると、余計なことは言うべきではない。

 しかし、友人知人に「一言多い」と言われる私の性分としては黙ってはおれないのだ。

 「この場所でお客さんの商売をやるのは難しいのではないですか?当社がお預かりしているこちらの店舗の方がいいのではないですか?」と別な物件をお勧めしたのだが、家賃の安さでこちらに決められた。

 お世話した店はなるべく利用するようにしているのだが、いかんせん男の私にはあまり用事の無い店だもので、気になって時々様子を見に行く程度だった。

 余り繁盛しているようには思えなかったが、入居されて1年半、家賃の遅れはまったく無かった。

 それなのに今月は家賃が入っていない。

 電話連絡をしてみたが電話に出られない。

 何かあったのかと思って、お店に行ってみたらシャッターが閉まっている。

 そんな状態が10日間も続いて、何かあったに違いないと思っていた。

 人柄は非常に良い方だったから、病気か事故か突発事項があってのことだろうと心配していた。

 そんなことを思いつつ、今日、お店に行ってみたらシャッターは閉まっているが中に人の気配があった。

 裏口にまわり声をかけてみると、中から元気な声がした。

 家賃が入ってないことを説明したら、「家賃振込用の通帳にしていて、残高が足りなくなっているのに気がつかなかった」というのが理由だった。

 病気や事故で休業していても家賃はもらわなくてはいけない。

 人柄の良い方だけに、家賃の督促をするのは気が重いなと思っていたもので、事情がわかって嬉しい、今日の出来事だった。

« 今日の無料相談 敷金は返るか? | トップページ | 賃貸住宅の自殺や殺人報道 »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/44843061

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと嬉しかったこと:

« 今日の無料相談 敷金は返るか? | トップページ | 賃貸住宅の自殺や殺人報道 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ