« 不動産業はきつい仕事? | トップページ | ちっともエコじゃない「エコバッグ」 »

2012年4月23日 (月)

家主経営セミナー

 アパート、貸家経営のセミナーに来ている。

 不動産会社とは無縁なところから、アパートを取得してアパートを経営している人たちが沢山いて、その方々の話には衝撃的な感動を覚える。

 なんと、自分の貸家・アパートを大切に取り扱っていることか。

 どうやってお客様に気に入ってもらうか、それはそれは、信じられないほど細やかな心遣いをされている。

 よだきんぼ(宮崎弁でなまけもの)不動産屋の私は、反省することばかりだ。

 私だけでなく、不動産会社の多くは、セミナー講師をされている家主さんに見習わなくてはならないだろう。

 1社で数百軒、数千軒のアパートを管理していると、つい、その一つ一つがその他大勢の中の一つになってしまいがちです。

 サラリーマンをやりながらの家主さんや、主婦業をしながらの家主さんは、多くの賃貸物件の中の自分の物件に最大の心遣いをしている。

 会社の帰りにアパートの玄関や廊下の掃除にいく家主さん。

 足しげくアパートに行って、入居者に声をかける家主さん。

 退去した部屋のリフォームを自分でする家主さん。

 玄関や共用部分に花を活ける家主さん。

 水道の締まりが悪いと、すぐに駆けつけて自分で直す家主さん。

 排水管の詰まりも、すぐに自分が行って、自分で直せたら無料で直してあげる。

 そして、「堅いものを流さないでね」とか「油は直接流しに流さないでくださいね」と入居者にお願いするから、入居者も素直に従う。

 私たち不動産業者は、(よだきんぼ<宮崎弁でなまけもの>の私だけかもしれないが)、水道の水漏れや排水管の詰まりを自分で見に行くことも無く、水道屋さんに連絡してすませることも少なくない。

 「ここまでやるか」と思えるほどの気遣いをしている家主さんだから、カリスマ家主として成功し、こうしてセミナーの講師をしているのだろう。

 納得のセミナーだった。

« 不動産業はきつい仕事? | トップページ | ちっともエコじゃない「エコバッグ」 »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/44954304

この記事へのトラックバック一覧です: 家主経営セミナー:

« 不動産業はきつい仕事? | トップページ | ちっともエコじゃない「エコバッグ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ