« 金環日食は見られなかった | トップページ | 想定外。新スタッフにハッパをかけられて・・・ »

2012年5月22日 (火)

雨でも眺望想像 スカイツリー最高峰の仕掛け

 自立式電波塔としては世界一の高さとなる東京スカイツリーが、今日開業した。

 ワイドショーニューは、昨日の金環日食に引き続き、今日はスカイツリー一色。

 7月10日まで完全予約制となっている展望台は、満杯状態だ。

 7月半ばからは夏休みシーズン。

 なにせ、スカイツリー側は初年度の400万人の入場者を見込んでいるという。

 あの一つの建物に一日10万人以上の入場者がおしかけるというのだ。

 10万人といったら、当地(宮崎県の北端の街、延岡市)の人口といっしょくらいだ。(延岡市の人口は13万人だが)

 延岡市最大のお祭り「お大師祭り」の人出の数倍の人が、スカイツリーに入ってしまうのだと思うと、その混雑ぶりはいかばかりか。

 すっかり、田舎暮らしが身についたおじさんには、その人込みは耐えられないような気もする。

 スカイツリー側は、併設する商業施設「東京ソラマチ」と合せての、開業1年間の来場目標を3,200万人としている。

 あの狭いエリアに東京ディズニーリゾートと同等の集客を目指している。

 3,200万人となると、その数は田舎者おじさんには想像できない。

 スカイツリーには入場者を定着するためにいろいろな仕掛けをしているという。

 その仕掛けで一番感心したのは、雨天時に眺望が想像できる仕掛けだ。

 スカイツリーの展望台は、最大70m先まで見渡せる眺望が最大の売りだが、雨天時などには景色が雲に隠れる。

 そこで集客対策に、第1展望台(350m)に、高さ6m、幅10mの大型スクリーンを設置、ツリー周辺を空から見下ろす映像など3種を流す、という仕掛けだ。(以上、日経新聞12.05.22)

  高さゆえの欠点をカバーする仕掛けには感心するしかない。

  田舎者おじさんではあるが、ミーハー(死語かな?)おじさんでもある、よだきんぼ(宮崎弁でなまけもの)おじさんとしては、上ってみたい東京スカイツリーである。

 

« 金環日食は見られなかった | トップページ | 想定外。新スタッフにハッパをかけられて・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/45367062

この記事へのトラックバック一覧です: 雨でも眺望想像 スカイツリー最高峰の仕掛け:

« 金環日食は見られなかった | トップページ | 想定外。新スタッフにハッパをかけられて・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ