« ずるずるの立法権者 | トップページ | 待望の中年?(初老?)ライダー誕生! »

2012年6月 8日 (金)

東電の公聴会は「やらせ」はないのかな?

 電気料の値上げにあたっての東電の公聴会でのやりとりが報道されていた。

 市民・消費者代表の方々が、東電を厳しく糾弾していた。

 私がテレビ報道で見た限りでは、東電の「身の削り方」がまだまだ足りないといった、東電の経営努力について多くの追求がされていたようだった。

 私が見た限りでは、原発問題についての追求は、それほどではないように感じた。

 公聴会の出席者はどういう方法で選ばれたのだろうか。

 九州電力みたいな「やらせ」はないだろうが、反原発論者や東電の責任追及の急先鋒みたいな人々の出席を阻害することくらいはできるだろう。

 出席者は、東電を厳しく糾弾していたようだが、それは、巷で誰もが言っているような内容だった。

 すでに何度も言われているような意見をあびせられる姿を見せて、不満が膨れ上がっている国民のガス抜きをしているのではないだろうな、と思ってしまった猜疑心の強い「おじさんの今日のワイドショー」だった。

« ずるずるの立法権者 | トップページ | 待望の中年?(初老?)ライダー誕生! »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/45574818

この記事へのトラックバック一覧です: 東電の公聴会は「やらせ」はないのかな?:

« ずるずるの立法権者 | トップページ | 待望の中年?(初老?)ライダー誕生! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ