« 今日は、フェニックス ジャムナイト | トップページ | いじめはなくならない② いじめられる人を助けることはできる。 »

2012年7月15日 (日)

いじめはなくならない。 私もいじめたことがある。そして、いじめられたことも。

 私のブログにコメントをいただいた「藤按」さんが、「私はいじめたことがあります」という記事を書いておられた。

 私も、いじめたことがある。

 そして、いじめられたことも。

 いじめをした経験からすると、いじめているという意識ではなく、からかっているだけという軽い気持ちであった。

 いじめている方は、いつもそんな気持ちではないのだろうか。

 しかし、からかわれる側になったとき、それはまさしく「いじめ」として悲しくつらいものだった。

 私は、小中学校時代はずっと学級委員長をしていて、「いじめ」を注意する立場にあったわけだが、それでもいじめをしたという記憶もあるし、いじめられた経験もある。

 大津市の事件が、どういうわけか大きな話題となって、マスコミが競って報道合戦をしている。

 しかし、大津市の問題は珍しい事件ではない。

 何度も、何度も、ずっと起き続けている問題だ。

 テレビでは、キャスター、コメンテーター、そして教育評論家の人たちが、いじめ問題についてそれぞれに分析している。

 「いじめは犯罪だ」

 「いじめは卑怯だ」

 「いじめを無くさなければいけない」と口を揃えて叫んでいる。

 しかし、いじめを根絶することはできないと思う。

 いじめは、人間の本性ではないのだろうか。

 小さいころに、弟をからかうことことがあった。

 ちょっとからかっただけのことでも、弟は泣きわめくことがあった。

 私にとっては、ちょっとしたからかいだったが、弟にとってはいじめであったのだろう。

 私は、自分の子どもにもいじめをしたかもしれない。

 まだ、子どもが小さいときにいっしょに買い物に出かけたときに、隠れておどろかせようとしたことがある。

 私を見失った子どもが、不安そうな顔をして私を探して回るさまを、物陰から覗いていて笑っていた。

 すぐに子どもの前に飛び出していくと、子どもはほっとした顔をしていたが、こどもにとっては「いじめ」に感じたかもしれない。

 大津のいじめは、これとは比較にならないものだったのだろうが、いじめる側は相手の痛みをわからないという意味では同じことではないのだろうか。

 私は、いじめを無くすことはできないと思う。

 評論家の方々は、「いじめを無くさなくてはいけない」と言うが、無くす方法はあるのだろうか?

 

 私は、いじめは人間の本性だと思っている。

 だから、いじめを無くすことはできないことを前提に、いじめられた人が死を選んでしまうようないじめに発展しない方法を考えることの方が現実的だと思う。

 いじめを見つけたら、どしどし大人が介入していくことだ。 

 時によっては、いじめをしている子どもを先生がぶん殴ることも許されると思う。

 殴られてこそ、人の痛みがわかる。

 必要な体罰はあってもいい。

 マスコミがいけないのは、体罰が問題視されると見るや、体罰を悪の標的としてやりだまにあげる。

 一昨日私が書いたことだが、マスコミは(特にテレビは)今や地球最強の権力者だと言える。

 マスコミが、必要な体罰を容認するキャンペーンを繰り広げてはどうか。

 わけのわからない子どもは、叩いて教えることも必要だろう。

 いじめにあって、それを苦にして死を選ぶ子どもの心情を思うとかわいそうでならない。

 いじめを無くすことはできないかもしれないが、いじめで死ぬ子を無くすことはできると思う。

 いじめたことも、いじめられたこともある、私はそう思う。

« 今日は、フェニックス ジャムナイト | トップページ | いじめはなくならない② いじめられる人を助けることはできる。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同感の痛快な内容です。
代弁していただき心の中を涼風が通り抜けました。
実は私も同様の体験があります。
子供の頃に床屋などの帰り道の夕暮れ時に兄は走り去り身を隠すのです。
何度か面白がって繰り返すので心細く、離してなるものかとしがみついたのをこの歳になっても忘れられません。
生まれつき目が悪かった自分には事のほか応えました。
また私には息子がいますがやはり目が悪いのです。
それでどの程度なのかと心配し暗いところで身を隠したりと試したことがあります。
今思えば悲しい思い出です。
同様に私が自分のブログに書いた、いじめをしたことがあるという事も、未だに忘れられない心に影を落とした部分なのです。
やったことは取り返しが付かないけれども、それはきっと何かよい方向に行く為の手段だと青臭い事を信じたいです。

やくにたったよーありがとう

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/46325861

この記事へのトラックバック一覧です: いじめはなくならない。 私もいじめたことがある。そして、いじめられたことも。:

« 今日は、フェニックス ジャムナイト | トップページ | いじめはなくならない② いじめられる人を助けることはできる。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ