« 歩いた、歩いた、歩くしかなかった。 | トップページ | オリンピックに釘付けだけど。 »

2012年8月 8日 (水)

いじめを減らすには、「いじめ」という言葉を捨てることだ②

 仙台市の高校生が、「根性焼き」と称してタバコの火を腕に押しつけられる「いじめ」にあっていたというニュースがあっていた。

 被害高校生の腕に残っている、20数カ所のタバコの火を押しつけられた火傷のあとが痛々しかった。

 これを「いじめ」として取り上げるのはおかしいだろう。

 これは、れっきとした傷害罪だ。

 傷害罪は親告罪ではないのだから、これはまぎれもない刑事事件である。

 マスコミは「いじめ」を流行りのように、「いじめ」として騒ぎ立てている。

 一般社会でこのような事件が起これば、これは傷害罪以外のなにものでもない。

 今回のような身体的暴力ではなく、言葉による「いじめ」も、一般の会社で同じようのことが起これば、「パワーハラスメント」として、会社は損害賠償ものだ。

 学校という平穏な世界と思われる場所で、傷害罪が見過ごされ、パワーハラスメントがまかり通っていることの矛盾を認識すべきだろう。

 そのための第一歩は、「いじめ」という言葉を捨てること。

 そこで行なわれていることは、傷害罪であり、恐喝罪であり、窃盗罪であり、パワーハラスメントなのだ。

« 歩いた、歩いた、歩くしかなかった。 | トップページ | オリンピックに釘付けだけど。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/46619278

この記事へのトラックバック一覧です: いじめを減らすには、「いじめ」という言葉を捨てることだ②:

« 歩いた、歩いた、歩くしかなかった。 | トップページ | オリンピックに釘付けだけど。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ