« 不動産コンサルティングマスター。私が名づけ親。 | トップページ | 新年も半月過ぎて »

2013年1月15日 (火)

バブルの再来にはならないのか?

 安部政権が民主党から政権を奪還して以来、株価は上昇を続け、円安傾向が続いている。

 安部政権は景気浮揚対策を一番の目標に掲げてはいるが、まだ具体的になにもしていないはず。

 さまざまな口実をつけて、「ばらまくぞーーーー」と言っているように感じる。

 その雰囲気だけで株価が上昇しているのだけど、悲観的心配おじさんとしては、少なからず不安を感じる。

 金融緩和策で、お金をじゃぶじゃぶと流通させるらしいが、先行きの不安を解消しないと消費者の消費は伸びないだろう。

 だぶついたお金が、株に流れ、そして投機的な不動産取引に流れ込むのではないか。

 バブルで恩恵を受けた経験のある一部の特別な人たちは、ずっとバブルの再来を期待してきた。

 そんな人たちは、千載一遇のチャンス到来と、いち早く、濡れ手で粟のぼろ儲けを企んでいるだろう。

 バブルにしてはいけない。

 バブル

« 不動産コンサルティングマスター。私が名づけ親。 | トップページ | 新年も半月過ぎて »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/48767669

この記事へのトラックバック一覧です: バブルの再来にはならないのか?:

« 不動産コンサルティングマスター。私が名づけ親。 | トップページ | 新年も半月過ぎて »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ