« 青島太平洋マラソン(6) | トップページ | 早田浩さんのご冥福をお祈りします »

2013年5月20日 (月)

青島太平洋マラソン(7)

 今日、先日の契約後の打合せのために㈱Wに寄った。

 用件のわかる営業社員さんが5人いたが、全員お客様と商談をしていた。

 すぐに手がすきそうな気配の人がいない。

 壁にかかっているホワイトボードの所在表を見ると、会長がおられるようだった。

 ひまな会長さんに相手をしてもらって、ちょっと時間をつぶそうと思って、案内も請わずに勝手に2階に上がることにした。

 2階のドアをあけると、女子社員さんたちと会長さんがおられた。

 この会社は、男はイケメン、女性は美形が多い。

 で、まずは美形の女子社員に挨拶をする。

 と、奥の方で会長が、私の顔を見てなにか言いたげにしている。

 「どうかしましたか?」と言うと、「あんた、フルマラソン走るんだって?」と聞いてきた。

 私のブログを読んだ誰かから聞いたのだろう。

 会長は、「いきなりフルマラソンは無理じゃが。途中でバスに拾われるよ」と言う。

 この会長、私より年上。前期高齢者。

 前期高齢者に、がたがた言われたくはない。

 なんて思っていたら、この会長さん、ここ数年マラソンの練習を欠かさずやっていて、10㎞マラソンを何度も経験しているというではないか。

 酒が大好きで、飲むと酒癖が悪く(憎めないけどね)、毎日酒を欠かさないような人だから、マラソンとは結びつかない人なのだ。

 けげんな顔をしている私に、会長のマラソン談義が始まった。

 携帯電話を取り出してマラソン出場の写真や、完走証の画像を見せつけるのだ。

 会長さんは青島太平洋マラソンの10㎞の部に出場を予定しているそうで、4~5人の男子社員がフルマラソンを予定しているらしい。

 それに、女子社員は沿道で応援するというではないか。

 誰にも知られず走ろうと思っていたのだが、なんと応援団までいる。

 この会長さん、「断言するよ。あんたは、絶対によう走らんわ。走るどころが、ひざが痛いとか、腰が痛いとか、体の故障が原因で出場もしないよ」と、悪意のある予言をする。

 うれしいことに、万一完走することがあったら、一晩私の希望する店で接待してくれるとも言うではないか。

 私が希望するお店を、3軒でも4軒でも好きなだけ招待すると言う。

 なめられたものだが、今までの自分を省みると、そう言われてもしょうがない。

 しかし、私はめげない。

 この言葉をバネにして、絶対完走するぞと心に誓って、㈱Wを後にしたのだった。

 ㈱Wから帰って来ると、約束の時間よりちょっと早くお客さんがおみえになった。

 土地の契約を予定しているお客様だ。

 今日は、お子さま連れでご夫婦で来社された。

 契約前の打合せが終わって雑談をしていると、奥様が「ひざの痛みはとれましたか?」と言われるではないか。

 「ん??私のブログを読んでるんですか?」と、おずおず尋ねてみる。

 「はい。よく読んでいるんですよ。悪徳不動産屋シリーズが一番鋤です」なんておっしゃる。

 「びぇーー!!」

 よかったー。このお客さんをネタにしたことはない。

 しかし、ここにも私のブログを見てくれている人がいた。

 そして青島太平洋マラソンの結果もみていることだろう。

 ブログは人に見られることを承知して書いているのだが、今日みたいに、思わぬ人から「いつも見てますよ」なんていわれると、なぜか気恥ずかしい。

 青島太平洋マラソンまで、あと半年。

 なんとか完走したいものだなあと、意を新たにした今日は5月21日。

« 青島太平洋マラソン(6) | トップページ | 早田浩さんのご冥福をお祈りします »

13青島太平洋マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/51706710

この記事へのトラックバック一覧です: 青島太平洋マラソン(7):

« 青島太平洋マラソン(6) | トップページ | 早田浩さんのご冥福をお祈りします »