« 驚愕の納豆効能 | トップページ | ジャムモナカの弊害 »

2013年6月28日 (金)

NHKが外国語を使いすぎることに、精神的慰謝料請求訴訟。

 NHKは放送番組や番組名で外国語を使いすぎるのをやめるべきだと、71歳の男性が名古屋地方裁判所に提訴した。

 男性は、外国語の乱用で内容を理解できず、精神的苦痛を受けたとしてNHKに対し141万円の慰謝料を求めている。

 裁判まで起こすということについては異論もあろうが、私も常々カタカナ語の乱用に腹立たしい思いをしている。

 それで、自分のブログにも「カタカナ語について」という項目を設けている。

 この男性がNHKを提訴したのは、「NHKは国家機関が関与する公共放送で、広範囲で視聴できるため影響力が強い」からだそうだ。

 そして「公共性の高いNHKが日本語を軽視する姿勢にも強い疑問を呈している」

 男性は、一昨年末、NHKに公開質問状を提出したが、回答がなかったため、訴訟に踏み切ったのだという。

 NHKのみならず、テレビ業界人、知識人と言われる人たち、政治家の方々は、うちそろってカタカナ語を乱用されている。

 過去にも書いたことだが、品派に耳にする言葉が「ガバナンス」「コンセンサス」「リスペクト」等々 等々 等々

 国会議員の先生も、日本国民のための政治を司っておられるはずなのに、国民に発する言葉は外来語が多い。

 気の利いた知識人さんは、「ペラペラナンチャラ×△◎@*※」とわけのわからない外来単語をお喋りになって「つまり○○○○」なんて日本語で解説を入れられる。

私は、英会話教室に来ているんじゃないのだから最初から日本語で喋れと、常々腹立たしく思っていた。

この訴状について、「外国語やカタカナ語が苦手な少数派の意見に配慮して欲しいと考える男性の心境は充分理解できる」なんて解説している先生がいらっしゃったが、私の周りの人を見る限り少数派ではない。

少数派なんて言われてしまうと、当地(宮崎県の北端の街、延岡市)は、日本における少数派の集団になってしまう。

私が、この男性にお願いしたいことが、一つある。

国家機関が関与する企業であるところの、日本タバコ、国鉄、日本郵政等々が、のきなみJT、JR、JPと改名することについても追求してもらいたい。

 農協がJA。なんのことやらわからない。

 がんばれ、原告男性。

« 驚愕の納豆効能 | トップページ | ジャムモナカの弊害 »

09カタカナ語について」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/52218603

この記事へのトラックバック一覧です: NHKが外国語を使いすぎることに、精神的慰謝料請求訴訟。:

« 驚愕の納豆効能 | トップページ | ジャムモナカの弊害 »