« キャサリン妃出産予定、電話取材という無礼者 | トップページ | 青島太平洋マラソン(12) »

2013年6月22日 (土)

スリムな4色ボールペン トンボ鉛筆「リポーター4」にジェットストリームの替え芯

 久々に気に入った文具を手に入れた。

 それは、「REPORTER 4」 リポーター4 (トンボ鉛筆)。

 下の写真の左端が、それだ。

Rimg0010 ※写真左から リポーター4(トンボ鉛筆)4色ボールペン  ジェットストリーム3色(三菱鉛筆)3色ボールペン   Relly C4(ペンテル)4色ボールペン   ジェットストリーム4+1(三菱鉛筆)4色+シャープペンシル    クリップオンマルチ(ゼブラ)4色+シャープ  4色ジェル(ゼブラ)4色ジェルボールペン 


 
4色ボールペンは、どういうわけか、4色にシャープペンシルがくっついた多機能ボールペンになっているものが多い。

 必然的に軸が太くなっている。

 筆記をする分には、慣れてしまえば、その太さは我慢できなくはない。

 私が、常に持ち歩いているのは、パワーポイント・スリムなのだけど、4色ボールペンも携帯したいと思っていた。

 緑は使わなくてもなんとかやれるのだが、できたら緑も欲しい。

 しかし、私は手帳とボールペンを胸ポケットに入れるもので、この太さだと手帳といっしょに納まらない。

 それで、細身の4色ボールペンを探して、見つけたのが「リポーター 4」。

 

 以前、ペンテルのRelly C4 (上記写真左から3番目)というのを見つけて使ったのだが、0.7㎜芯の書き味が私好みではなかった。

 

私は筆圧が高くて、一般的な太さ0.7ミリ芯のガジガジした書き味が好きではない。

 

  それで、太さ1㎜の替え芯に取り替えて使っている。

 

  書き味が一番好きなのが、パワーボイントの1㎜芯。

 

  それと同じくらい好きなのが、ジェットストリームの1㎜芯。

 

  ジェットストリームの3色が出て、すぐに買ったのが上記写真の左から2つ目。

 

  ジェットストリームの4色が出ないかなと思っていたら、4色+1で発売された。

 

  それも早速買った。(上記写真左から4番目)

 

  しかし、 胸ポケットに入れて持ち歩くには、重くて太すぎた。

 

  写真の右3つとも4色+1で、胸ポケットに入れるにはいずれも軸が太すぎる。

 

  それで、ついに見つけたのが「リポーター4」だ。

 

  写真で見てわかるように、隣のジェットストリーム3色とまったく同じくらいの太さしかない。

 

  しかも、しかもである、ここが私にとって重要なところなのだけど、ジェットストリームの替え芯がそのまま使えるのだ。

 

  文房具屋(ジャスコの文具売り場)で、軸をはずして芯を入れ換えて試してみて嬉しくなった。

 

  ということで、リポーター4といっしょにジェットストリームの替え芯も購入して、芯を取り替えて使っている。

 

  こんな発見をした日は、一日気分がいい。

 

 

 

« キャサリン妃出産予定、電話取材という無礼者 | トップページ | 青島太平洋マラソン(12) »

06文房具・便利グッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/52140556

この記事へのトラックバック一覧です: スリムな4色ボールペン トンボ鉛筆「リポーター4」にジェットストリームの替え芯:

« キャサリン妃出産予定、電話取材という無礼者 | トップページ | 青島太平洋マラソン(12) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ