« 悪徳不動産屋日記 敷金礼金無し物件 | トップページ | 青島太平洋マラソン(26) 後遺症 »

2013年11月 4日 (月)

青島太平洋マラソン(25) 30㎞走

金・土・日と、3日間マラソンの練習を休んでしまった。

教習本によると、大会の1ヶ月前からは、疲れをとっていくことになっている。

予定では10月に30㎞走を1度経験しておくことになっていた。

それで今日、急きょ30㎞走をやってみることにした。

20㎞は経験しているから、そのときよりゆっくりのペースで走ることにした。

3日も休んだせいか、足が重い。

まあ、ゆっくり走って、行けるところまでやってみることにした。

ゆっくり走っているから、呼吸は苦しくないがちょっと足が痛い。

1度経験している20㎞は、今日の方がきつく感じた。

ここでやめようかと思ったが、もう少し走れないことはないなと思えた。

走れるところまで走り続けることにした。

25㎞までは、同じペースで走れた。

25㎞を過ぎた頃から、信号待ちで立ち止まったあとの走り出しがつらくなってきた。

ペースも落ちてきた。

28㎞過ぎに、スマートフォンが電池切れ。

GPS記録計が使えなくなった。

GPS記録計は、1㎞ごとのラップタイムを測ってくれている。

それが止まってしまって気持ちが切れたわけでもないのだろうが、一気にペースダウンしてしまった。

足が痛い。

そこからは、歩いたり走ったりで、なんとか30㎞を走り切れた。

腕時計のストップウォッチで、記録は3時間33分。

なんとかフルマラソン完走のめどはたったかなあ。

« 悪徳不動産屋日記 敷金礼金無し物件 | トップページ | 青島太平洋マラソン(26) 後遺症 »

13青島太平洋マラソン」カテゴリの記事

コメント

見えましたね!
本番の30km地点は、ちょっと高い道路の上で、スタート地点(ゴール)が良く見えるところになります。帰って来たー!って思える地点です。
折れかけた心を奮い立たせて、運動公園を抜け海岸線に向かいます。そして、視界が開けた瞬間、遥か彼方に青島が・・・。

東京都知事の猪瀬さんの東京マラソン練習法ですが、ゴールまで残り10kmのコースを普段走るようにしたそうです。
30kmまで走ったときに、普段の練習で走っている残り10kmがイメージできたので完走できたらしいのです。

10kmから20kmに距離を延ばすとき経験してない距離はイメージできません。20kmから30kmに延ばす時も同様ですね。

30km完走おめでとうございます。
どうでしょう、30km走ったつもりで本番の青太の残り10kmを走ってみてはいかがでしょう。
海岸線の気持ちいいコースです。

ご助言ありがとうございます。

最後の1㎞は、歩いたり走ったりで、やっと家にたどり着きました。

あと10㎞走る足は、まだできてないことを実感しました。

あわよくば、4時間台で完走しようと密かに思っていたのですが、制限時間内完走というのが現実のようです。

完走!さんのコメントで、ゴール前の景色が目に浮かんでいます。

とりあえずは、完走できれば御の字です。



コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/53825110

この記事へのトラックバック一覧です: 青島太平洋マラソン(25) 30㎞走:

« 悪徳不動産屋日記 敷金礼金無し物件 | トップページ | 青島太平洋マラソン(26) 後遺症 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ