« スタッフ募集 | トップページ | 日南市中心市街地に畑が登場 »

2013年11月 7日 (木)

青島太平洋マラソン(27) 出場に赤信号

 振り替え休日の4日((月)に、30㎞を完走した。

 これで、12月8日(日)の青島太平洋マラソン本番の完走は間違いないと自信をつけた。

 とはいえ、身体に大きなダメージを受け、次の日は終日ロボコップ状態だった。

 膝、腰、ふくらはぎ、太股と下半身の筋肉が悲鳴を上げていた。

 30㎞という距離の長さを実感させられたが、1日か2日休めば痛みも薄らぐだろうと思っていた。

 実際、膝、腰、ふくらはぎ、太股の筋肉痛は和らいできた。

 しかし、足首から20㎝くらい上の膝の外側に、キリリとした痛みが走る。

 座っていると痛みは感じないのだが、立ち上がって数歩歩くと腱が引っ張られるような痛みを感じる。

 インターネットで調べてみたところ、シンスプリントという故障のようだ。

 スポーツ選手が過度の練習により陥る故障のようだ。

 休養することによって改善されるようだが、一度なってしまうと、なかなか治りにくい故障だそうだ。

 実際、痛みは強くなるばかりだ。

 今日も走れる状態ではない。

 今日で3日間、練習を休むことになってしまう。

 今日も青島太平洋マラソン本番まで1カ月。

 まだまだ、完走できる筋力をつけていかないといけない時期なのに、しばらくはこの状態が続きそうな気配だ。

 黄色信号どころか、赤信号が点灯したかもしれないなあ。

« スタッフ募集 | トップページ | 日南市中心市街地に畑が登場 »

13青島太平洋マラソン」カテゴリの記事

コメント

深刻そうですね。
シンスプリントですか?
予兆はなかったのでしょうか、あったとしても懸命にトレーニングされてらしたので、一般的な筋肉痛と思ってしまったかもしれませんね。
自分も昨年、青太まで二週間のところで鵞足炎(膝の内側の痛み)になってしまいました。友人には『練習のやりすぎ、青太までゆっくり休んだほうが良いよ。故障するくらい練習したのだから、完走できるよ。』と、言ってもらえたので治す(休養)事に専念しました。
青太が迫っても走らずに、ゆっくりウォーキングだけして本番にいどみました。30kmまで予定通り走れたのですが、残り12kmは走ったり歩いたり、足の激痛(足裏、くるぶし、ひざ下、膝、太もも)と闘いながらの完走でした。
結局、その中に鵞足炎の痛みも入っていたのでしょうが、それ以上の痛みだったので・・・。
先日からはランナーズニー(膝の外側の痛み)に苦しんでおりますが、ウォーミングアップやストレッチを前より丁寧にするようにしたり、ウォーミングアップジェル(保温効果)を擦りこんでみたりしながら、練習しております。あとシューズも変えました。で、捻挫して、完全休養中です。
青太までに完治はしないと思いますが、完走!めざしてがんばります。記録はまた来年頑張ります。
お大事に。

 度々のご助言ありがとうございます。
 
 4日間完全休養していますが、痛みは和らぎません。

 座っている時は、なんともないのですが、立ち上がって歩きはじめて5分くらいすると痛みが走ります。
 
 あと何日か休養してみて、様子をみながら走ってみようと思っています。
 
 なんとか走れるようだったら、ぶっつけ本番でレースに出てみようと思っています。

 完走は無理だとおもったら、潔く出場は取りやめます。

 なんとかなりそうだと楽観しているのですが・・・


 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/53863384

この記事へのトラックバック一覧です: 青島太平洋マラソン(27) 出場に赤信号:

« スタッフ募集 | トップページ | 日南市中心市街地に畑が登場 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ