« マラソンと出産 | トップページ | 婚外子の出生届 »

2013年12月20日 (金)

猪瀬さんが獲得した434万票

 5000万円問題が発覚してからの猪瀬さんの狼狽ぶりは、同情ものであった。

 今までの高慢ちきで横柄な態度が、一変、小心で頭の悪い小動物のような姿を晒していた。

 発言は最後まで迷走を続けた。

 辞任会見では自らを「政務のアマチュアだった」と、あきれるような反省の弁で しめくくった。

 日本中が猪瀬さんを非難しているようだけど、猪瀬さんを歴代最高の得票で当選させたのは東京都民だ。

 ポスト猪瀬として挙がっている名前を見ると、名前の売れたタレント議員的な人ばかりだ。

 滝川クリステルさんの名前が出るにいたっては、開いた口がふさがらない。

 しかし、これは今までの選挙結果を通じた東京都民の性向を調査した結果のこと。

 結局、だめな政治家を生み出したのは有権者だということを思い知らなければいけないなあ。

« マラソンと出産 | トップページ | 婚外子の出生届 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/54324633

この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬さんが獲得した434万票:

« マラソンと出産 | トップページ | 婚外子の出生届 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ