« ななつ星 変わらぬ人気 | トップページ | 悪質商法・誇大広告による被害額5兆7千億円 »

2014年3月 6日 (木)

電子マネーでお賽銭 港区の愛宕神社

 一昨日の深夜番組「月曜から夜ふかし」での話し。

 「月曜から夜ふかし」という番組は、名前の通り夜の12時から始まる。

 終わりまで見ていると深夜の1時になってしまうので、毎回見るわけではないが、多岐にわたる話題を取り上げていて、これがなかなか面白い。

MCのマツコデラックスは、そんなに好きなタレントではなかった、というより、あのあつかましさは私にとって受け入れがたいキャラクターだったが、このところ見慣れたことと、人気が安定したことによって少しアクが抜けたみたいで、受け入れ可能なタレントになった。

 とはいえ、マツコデラックスだけだったら、私はこの番組は見ないかもしれないのだけど、もう一人のMCの関ジャニの村上君の、マツコデラックスとの掛け合いが面白くて、ときどき夜ふかししている。

 世間で話題になっている「○○の件」というカードが何枚かあって、それをランダムに抜き取って、それに関連する映像を流して、その内容について二人でたわいもない話をするという仕立てだ。

 一昨日のネタのひとつが、「電子マネーでお賽銭をあげることのできる神社があるという件」

 その神社は、港区の愛宕神社。

 愛宕神社といえば、東京都心のど真ん中、愛宕山の頂上にある神社。

 愛宕山ってのは、当地(宮崎県の北端の街、延岡市)にもあって、これは立派に山なんだけど、東京の愛宕山はちょっとした丘みたいな感じ。

 たしか、東京観光のはとバスの車窓から案内されたような気がするが、ビル群の谷間にちょこっと参道が見える。

 さすがに日本の中心地の神社だけあって、神社もハイテクなんだなと興味を持って眺めてみた。

 普通のお賽銭箱の隣に、木製の米びつみたいな箱が置いてある。

 その上蓋にあたる部分に、電卓みたいなものとカード読み取り機がはめ込まれている。

 普通だったら、神様に手を合わせる前にお賽銭を入れることになる。

 電子マネーお賽銭箱では、まず、電卓状の器械にお賽銭の額を入力する。

 そしてカード読み取り機にカードをかざすと、めでたくお賽銭が収納されることになる。

 消費税が上がって、釣り銭の小銭が嫌で電子マネーに普及がかかることを予測してのことかなと思って見ていた。

 だけど、今日、よくよく調べてみたら、このニュースは今年の1月に取り上げられたものだった。

 楽天が神社に提案した1日限りのイベントだったようだ。

 その後も、ニュースを見て電子マネーで賽銭をあげたい人の参拝がつづいたらしいけど、1日限りで終わったようだ。

 そうだよね、電子マネーでお賽銭なんて、「なんだかなー」と思ってしまう。

 話題になること間違いなしだから、参拝者増をねらって、電子マネーのお賽銭箱を本気で作る神社が出てくるかもしれないなあ。

  

 

« ななつ星 変わらぬ人気 | トップページ | 悪質商法・誇大広告による被害額5兆7千億円 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/55235010

この記事へのトラックバック一覧です: 電子マネーでお賽銭 港区の愛宕神社:

« ななつ星 変わらぬ人気 | トップページ | 悪質商法・誇大広告による被害額5兆7千億円 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ