« 小保方さんの記者会見 言い忘れたこと | トップページ | 悪徳不動産屋日記 助成金を受けられないと経営が厳しいのなら借りなさんな »

2014年4月14日 (月)

良いときは、その良さに気づかない。

 今朝、目覚めて起き出そうとすると腰に痛みを感じた。

 もともと、腰痛は数十年来の持病で、朝起きるときに一気に体を起こすことはできなかった。

 仰向けに寝るのが癖で、目覚めたときはいつも仰向け状態である。

 目が覚めると、まずは寝たままの状態でゴロリン、ゴロリンと丸太を転がすように体をまわして、うつむき状態にする。

 そして、手をついて4つんばいになる。

 その後に、腰に負担をかけないように立ち上がる。

 立ち上がった後は、腰の痛みに耐えながら、そろそろと洗面台に向かう。

 洗面台が顔を洗うのだが、そのまま体を折り曲げることができず、肘を洗面台について腰をかばいながら顔を洗う。

 これが毎朝の儀式になっていた。

 今朝、腰に痛みを感じて、この儀式をとり行うことになったのだが、そういえばこの半年くらい腰痛とは無縁になっていた。

 去年、フルマラソン完走をめざして5月から練習を始めて、練習の始めには腰痛がひどくなったのを記憶しているのだが、いつからか腰痛が治まっていた。

 それを自覚したのは、今年に入ってのことだった。

 朝、目覚めると、ぱっと起き上がっていた。

 気がつかない間に腰痛がなくなっていた。

 自分のブログを検索してみて確認してみたら、去年の11月5日に腰痛のことを書いているから、このころまではまだ腰痛があったようだが、腰痛がなくなったという記事は書いていない。

 先月だったか、あれ?このところ腰が痛まないなと思ったことがあるが、良くなったことに強い印象は残っていない。

 そして今日。

 久々の激しい腰痛を経験して、しばらく腰痛が治っていたことに気づかされた。

 良いことが起きていても、なかなか気がつかないものであるなあ。

« 小保方さんの記者会見 言い忘れたこと | トップページ | 悪徳不動産屋日記 助成金を受けられないと経営が厳しいのなら借りなさんな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/55778300

この記事へのトラックバック一覧です: 良いときは、その良さに気づかない。:

« 小保方さんの記者会見 言い忘れたこと | トップページ | 悪徳不動産屋日記 助成金を受けられないと経営が厳しいのなら借りなさんな »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ