« 悪徳不動産屋日記  離婚して、家の名義を変更したら? | トップページ | 私の許せないもの  »

2014年5月29日 (木)

青島太平洋マラソン2014

 3月に、今年の青島太平洋マラソン に向けて練習を始めるという記事を書いた。


 去年は、5月からの練習で完走した。

 記録は4時間55分。

 でも、写真をとったりしながら走ったので、実質は4時間半くらいで走れたのではないかと思っている。

 それで、今年の青島太平洋マラソンは4時間切りを狙おうと思っていた。

 そのために、1月から練習を始めるつもりだった。

 4時間を切ることをサブフォーと言って、初級者の最初の目標だ。

 ゴルフで100を切るのと同じだ。

 サブフォーを目指すなら、3月から本格的に練習に取り組まないと無理だと思った。

 それで3月から練習を始めることにしたというわけだ。

 しかし、3月は寒かった。

 命あってのモノダネと自分に言い訳して、結局、走ったのは3日だけ。

 といっても3日坊主ではない。

 2日、30日、31日の3日だった。

 4月は、8回走っている。

 5月は11日。

 去年は5月はウォーキングを中心とした練習だった。

 6月に入ってからは5㎞のジョギングだった。

 去年の記録を見ると、1㎞を7分台で走っている。

 今年は、最初の数回は1㎞7分ちょっとで走れている。

 5~6回目には6分台で走っている。

 5月は、6分35秒から6分45秒で走っている。

 あくまでも、苦しい思いをしないで走ることにしているのだ。

 去年のスタート時点と比較すると、明らかに進化している。

 60歳過ぎても体は進化するものなのだと、われながら驚きと喜びを感じる。

 しかし、私は悩んでいる。

 このまま練習を続けるべきか、続けざるべきか。

 というのも、5月に入ってからは週に2、3回走っているもので、3㎞くらいやせたからだ。

 頬がすこしこけてきた。

 それが悩みの原因なのだ。

 ダイエット食品のコマーシャルでは、やせると若返ることになっているのだが、私の経験では、年をとると少し小太りでいた方が若く見えるようなのだ。

 私の場合、去年やせたピークのころは、10歳くらい老けてしまったように感じた。

 会う人の多くが、体の具合が悪くてやせたのではないかと心配してくれた。

 それまでは、実際の年齢より数歳若く見られていたのだが、やせると年相応に扱われた。

 これが悩み。

 練習を続けるべきか、止めるべきか。それが問題だ。

 とういことで、今年の青島太平洋マラソンはやめるかもしれない。







« 悪徳不動産屋日記  離婚して、家の名義を変更したら? | トップページ | 私の許せないもの  »

13青島太平洋マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/56348898

この記事へのトラックバック一覧です: 青島太平洋マラソン2014:

« 悪徳不動産屋日記  離婚して、家の名義を変更したら? | トップページ | 私の許せないもの  »