« ワールドカップ関心度、世界で日本がダントツの1位 | トップページ | 都議会でセクハラやじ。やじを飛ばした議員は逃げている。堂々と出てくればいい。 »

2014年6月19日 (木)

山口雅子ソプラノ・リサイタル 宮崎県立延岡西高等学校同窓会 追記

 山口雅子さんのソプラノリサイタルの追記。


 歌と声に感動したことは書いた。


 歌だけではなく、曲と曲の合間の、おしゃべりがまた楽しかった。


 私は、雑学自慢おじさんなのだが、「へぇ、そうなんだ」と思う話が、いくつもあった。


 一番びっくりした話は、「サマータイム(Summer time)」が、アメリカのオペラのアリアだったということだ。


 私は、「サマータイム」はジャズのスタンダードだと思っていた。


 それは私に限ったことではなく、多くの人が勘違いしているはずだ。


 オペラの冒頭で、ヒロインが赤ん坊に歌いかける子守唄だという話をして、山口さんはオペラのアリアを熱唱した。


 曲調はブルースだが、なるほどクラッシック曲である。


 次の日にウィキペディアで確認してみたところ、「サマータイムはジョージ・ガーシュウィンが1935年のオペラ「ボギーとベス」のために作曲したアリア」とある。


 そういえば、山口さんが歌の紹介のお話で、「ジョージ・ガーシュウィン」って言っていた。


 1936年に、不世出のジャズボーカリスト、ビリー・ホリデイが歌って大ヒットさせ、ジャズのスタンダードになったそうだ。


 私は、てっきりビリー・ホリデイの歌だと思っていた。


 音楽としっかり取り組んでいる人には、わかりきったことなのかもしれないが、いい加減に音楽を聴いている私にとっては、驚きの真実だった。

 サマータイムは、何百、何千とカバーされている。


 エラも歌っているし、コルトレーンもマイルスもビルエバンスも演っている。


 でも、どこかビリーホリデイの影響から抜けきらないでいるジャズ・スタンダードだった。


 山口さんの歌うサマータイムはオペラだった。


 初めて、クラシックボーカルも良いもんだと思ったリサイタルだった。

« ワールドカップ関心度、世界で日本がダントツの1位 | トップページ | 都議会でセクハラやじ。やじを飛ばした議員は逃げている。堂々と出てくればいい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/56550271

この記事へのトラックバック一覧です: 山口雅子ソプラノ・リサイタル 宮崎県立延岡西高等学校同窓会 追記:

« ワールドカップ関心度、世界で日本がダントツの1位 | トップページ | 都議会でセクハラやじ。やじを飛ばした議員は逃げている。堂々と出てくればいい。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ