« 再利用ロケットで格安宇宙旅行。 | トップページ | 松山英樹、アメリカツアーで優勝。くやしさを隠さない石川遼。 »

2014年6月 2日 (月)

再利用ロケットで格安宇宙旅行 追記

 昨日のスペースX社のファルコン9の話だが、機体の再利用だけではなく、製造コスト削減の苦労話も面白い。


 ファルコン9は全長68メートル。

 日本の誇る「H2A」(全長58メートル)より一回り大きい。

 それでいて打ち上げ費用はH2Aの半額近い。

 その低コストは、どうやって実現されたのだろう。

 スペースX社は、今までのコスト高の理由は、官需に支えられた防衛産業特有の多重下請け構造と、1,960年代の技術を使い続けていることにあるとして、機体の7割以上を自社工場で生産することにした。

 自動車などと比べても、コスト削減できる要素がはるかに大きいという。

 なるほどである。

 いずれの国も、官が絡むと無駄なお金を浪費しているのだなあと、改めて認識させられる。

 政官財のお歴々が原子力発電に精力をかけるのも、同じなのではないかと思ってしまう。
 

 
 

« 再利用ロケットで格安宇宙旅行。 | トップページ | 松山英樹、アメリカツアーで優勝。くやしさを隠さない石川遼。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/56373982

この記事へのトラックバック一覧です: 再利用ロケットで格安宇宙旅行 追記:

« 再利用ロケットで格安宇宙旅行。 | トップページ | 松山英樹、アメリカツアーで優勝。くやしさを隠さない石川遼。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ