« だまされたふり作戦 | トップページ | メガソーラ反対運動の声 »

2014年7月25日 (金)

決闘罪

 耳慣れない罪名を聞いた。

  その罪名は「決闘罪」。

 
 今朝のワイドショーで「LINE」を使って少年が「決闘罪」の容疑で書類送検されたと報じられていた。

 「LINE」が絡んだ事件ということと、「決闘罪」という、大衆の興味を引く罪名がワイドショーネタになったのだろう。

 事件は、福岡市などに住む15歳と16歳の少年13人が、他のグループといさかいになって、LINEでやりとりするなかで、決闘することになったというものだ。

 LINEでのやりとりが広まり、決闘の様子を100人くらいの少年らが観戦していたらしい。

 刑法はひととおり目を通しているのだが、「決闘罪」という罪名は知らなかった。

 手元にあるミニ六法をとりだして、刑法を確認してみたが、やはりない。

 インターネットで調べてみたら、明治時代の「決闘罪ニ関スル件」という法律中に定めがあり、これが現在も生きている法律だった。

 決闘の結果、人を殺傷した場合は決闘の罪と刑法の殺人罪・傷害罪とを比較し、重い方で処罰することになる。

 今回の場合、暴行罪や傷害罪で立件するより「決闘罪」の方が立件が容易だったのだろう。

 事件自体にも立件後の結果にも興味はないが、「決闘罪」という罪名に興味を触発された。

 ワイドショーってやつは、人間の野次馬根性をとらえるのがうまいものだなあ。

 

« だまされたふり作戦 | トップページ | メガソーラ反対運動の声 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/56896513

この記事へのトラックバック一覧です: 決闘罪:

« だまされたふり作戦 | トップページ | メガソーラ反対運動の声 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ