« 悪徳不動産屋日記 灯油ボイラーの故障 | トップページ | 悪徳不動産屋日記 元祖本家本元「悪徳不動産屋」 »

2014年8月12日 (火)

集団的自衛権

 オバマ米大統領は、イラクで標的を絞った空爆を承認した。

 オバマ大統領は、「国民を守るためにできる限りのことをする。同盟国が危機にさらされれば支援する」と強調している。

 イラクで市民を守るために戦っている部隊を支援する目的で、標的を絞った空爆をするわけだ。

 しかし、現実には空爆では、多くの一般市民が犠牲になっている。

 自衛のためには徹底して闘う。

 同盟国の危機に際しては最大限の支援をする。

 これが集団的自衛権ということだろう。

 世界最大の戦力を持つアメリカに対しても、テロリストといわれる集団はひるまない。

 戦場にたたない人たちが、徹底して闘えと鼓舞し命令する。

« 悪徳不動産屋日記 灯油ボイラーの故障 | トップページ | 悪徳不動産屋日記 元祖本家本元「悪徳不動産屋」 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/57063837

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権:

« 悪徳不動産屋日記 灯油ボイラーの故障 | トップページ | 悪徳不動産屋日記 元祖本家本元「悪徳不動産屋」 »