« 宅地建物取引士 最後の宅地建物取引主任者講習 | トップページ | 沖縄県知事選 口は調法なもの »

2014年11月14日 (金)

イコライザー  デンゼル・ワシントン 宅地建物取引主任者講習のプレゼント

 昨日の、宅地建物取引主任者法定講習で思わぬ拾い物をした。

 それは、デンゼル・ワシントン主演の「イコライザー」

 講習が4時半過ぎに終わって、時間があるのでイオンに行った。

 私にとって、イオンは本屋と映画。

 ネットで調べて、あえて見たいという映画はなかったのだが、宮崎駅からイオンまで直行のバスにも乗ってみたかった。

 始発のバス停が公衆開場の目の前。

 開場から出ると、なんと、1時間に2~3本しか走っていないバスの出発時間だった。

 久しぶりの宮崎だったから、本屋でもぶらぶらしてみればいいやとようと思い、バスに乗った。

 宮崎駅前を出発するとノンストップ。5分でイオンに到着。

 イオンでは、本屋さんとシネマが向かい合わせにある。

 すぐに見られる映画で観てもいいなと思うものがあったら、映画を観ようと思って上映スケジュールを見る。

 待たずに観られる映画が2本。

 その一つが「イコライザー」。内容は知らない。ポスターは、デンゼル・ワシントンのの顔のアップと拳銃。

 もう一つは「シュワルツネッガー」。これは、シュワルツネッガーの顔のアップ。その下方に戦闘員が何人か写っている。

 
 シュワルツネッガーは、もういいかな、と思って、デンゼル・ワシントンに決めた。

 上映時間が10分後に迫っていたので、すぐにチケットを買って入場。

 9つあるスクリーンのうち、一番入り口に近いスクリーンだった。

 中に入って、びっくりした。

 なんと、観客が私一人。

 私はどんな映画か知らなかったが、主演はデンゼル・ワシントンだ。

 そこそこの映画だと思っていたが、人気のない映画なのだろうか?

 暗澹たる思いにかられる。

 一人きりじゃ寂しすぎると思っていたら、上映時間間際になってぱらぱらとお客さんが入ってきた。

 結局、9組16人。

 映画が始まった。

 内容を全く知らない、先入観無の映画だった。

 これが、嬉しい大誤算。

 面白いのなんの。

 はらはらどきどき。痛快。壮快。スッキリ。文句なしに楽しめる。

 ブルースリーの「燃えよドラゴン」を観たときの痛快さに似ている。

 とにかく、今までに観たアクション映画の中でも5本の指に入る。

 いつものごとく、ネタばれになるといけないので、内容には一切ふれないけど、もやもやがスッキリ晴れますよ。

 お勧めです。

« 宅地建物取引士 最後の宅地建物取引主任者講習 | トップページ | 沖縄県知事選 口は調法なもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 宅地建物取引士 最後の宅地建物取引主任者講習 | トップページ | 沖縄県知事選 口は調法なもの »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ