« ギャラクシーノート3  ドコモにするかauにするか | トップページ | 悪徳不動産屋日記 無料査定と無料相談 その2  »

2014年11月 7日 (金)

悪徳不動産屋日記 無料査定と無料相談 

  「やっと不動産屋が見つかった!」と、大きな声を出しながら熟年夫婦が来店された。

 私は、急ぎの文書作成をしていている最中だった。

 そのせいだけではなく、あまりうれしいお客さんではないことを直感した。

 急ぎの仕事を抱えていて時間をとられたくなかったのだが、無下に追い返すわけにもいかない。

 「いらっしゃいませ。」と、声をかけ椅子を勧める。

 「どういうご要件ですか?」と聞いてみる。

 賃貸にせよ売買にせよ、物件を探しているのではないと感じていた。

 案の定、「ちょっと、土地の相場を教えてもらいたいのだけど」と言う。

 場所を訪ねると、A町周辺の土地だと言う。

 A町は、バス通りに面した商業地もあるが、裏通りになると道が狭くて車も通れないところもある。

 「具体的にA町のどのあたりか」と聞くと、B病院の近くだと言う。

 B病院は旧市街地にあり、周辺の道路は未整備で狭い道路もあるし、整備された広い道路もある。

 10m離れただけで、土地価格が倍くらい違ってくる。

 倍といっても、宮崎の田舎町のことで、坪あたり16~7万円もあれば、8万円くらいもあるということ。

 病院のすぐそばに、車がやっと通るような狭い道に面したところがあって、そこは坪あたり8万円くらいで取引された。

 だから、具体的な場所を聞かないとなんとも答えようがないのだが、はっきりとした場所を教えようとしない。

 「大体でいいのよ。B病院の近くなのよ。」言うのみ。

 さらに、価格を知りたいのは、売りたい物件があるからなのか、なにか買おうと思っている物件があるのかと訪ねると、それにも答えない。

 こんなたぐいのお客さんは多い。

 無料で人に情報を提供させておきながら、自分のことはいっさい言わない。

 詳しい話をすると、悪徳不動産屋にとられてしまうとでも思っているのか。

 そんなに信用できない者に情報を聞くというのがおかしい。

 「私をなんとこころえる。悪徳不動産なんだぞ。金にならない客に情報は教えてやらないよ。無礼者!帰れ!」と言いたい気持ちを押さえて。

 「バス通りは16万円くらいだろうけど、裏通りだと10万円以下のところもありますよ。具体的な場所がわからないと、そういうお答えしかできませんね。」と、お引き取り願いたいという気持ちを露骨に出して、無愛想に答えた。

 そんな私の気持ちには一切気づかず、「売買じゃなくて、あの辺りの貸家の家賃の相場はどのくらい?」なんて、突拍子もない質問をしてきた。

 もう我慢の限界。

 「具体的な話をしたくないなら、答えようがありません」と突き放す。

 急ぎの仕事を抱えていて、こんな話で時間をとられたくはない。

 とにかく早く帰ってもらいたいのだ。

 すると、「近くの理髪店のすぐ近くだけど、そこだとどれくらいする?」と聞いてきた。

 少し具体的になってはきたが、もう話をしたくない。

 住宅地図を出して具体的な場所を訊ねてみる。

 これでも、具体的な場所を言わないようだったら、話を打ち切って帰ってもらう。

 そんな私の気持ちを察したのか、地図上で具体的な場所を示す。

 私なりの見解をつつみかくさず教えてさしあげた。

 そして、価格を知りたい理由を再度聞いてみた。

 これが失敗だった。

 具体的に場所を明らかにしたせいか、それから延々30分以上無料相談に付き合わされる事になった。

 思いのたけを書きなぐっていたら、相当長文になってしまった。

 続きは、明日書く事にします。

« ギャラクシーノート3  ドコモにするかauにするか | トップページ | 悪徳不動産屋日記 無料査定と無料相談 その2  »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/57918205

この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳不動産屋日記 無料査定と無料相談 :

« ギャラクシーノート3  ドコモにするかauにするか | トップページ | 悪徳不動産屋日記 無料査定と無料相談 その2  »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ