« インフルエンザに脊柱菅狭窄症 | トップページ | イスラム国 人質事件 »

2015年1月24日 (土)

おめでとう。琴恵光関。

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)郷土力士・琴恵光関が勝ち越した。

 「関」というのは関取に対しての敬称で、関取というのは十両以上の力士だから、正確には今場所の琴恵光関は「関」ではない。

 だけど、なんとなく呼び捨てにもしがたいものがあって「関」をつけてさせてもらっている。

 その琴恵光関が、今日勝ち越しを決めた。

 これで来場所の十両復帰は間違いない。

 晴れて「琴恵光関」と呼ばれることになる。

 そもそも、十両までいけるのは入門者の一割にも満たない。

 大型力士にかこまれて、120㎏そこそこの琴恵光関が十両に昇進したのは、想像に絶する苦しい練習に耐えてのことだろう。

 心から敬意を評する。

 しかし、ここまできたら、さらに上期待してしまう。

 150㎏以上の力士が引きめくなかで、上を目指すのは並大抵の苦労ではないだろうが、ぜひ上をめざしてもらいたい。

 おめでとうございます。琴恵光関。

 

 

« インフルエンザに脊柱菅狭窄症 | トップページ | イスラム国 人質事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/58689896

この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう。琴恵光関。:

« インフルエンザに脊柱菅狭窄症 | トップページ | イスラム国 人質事件 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ