« 下書きのまま公開できない記事 | トップページ | 憲法9条の活用 »

2015年2月 1日 (日)

寂しい墓標

 25年以上も前のこと、お客さんの職場にかかっていたカレンダーを目にして、私は衝撃を受けた。

 「そのうち そのうち べんかいしながら 日がくれる」

 下手くそな筆文字に見えたが、なぜか惹かれるものがあった。

 「みつお」という署名と落款がある。

 お客さんの名前も「みつお(三男)」だった。

 先生と呼ばれる職業の方で、若くして人から尊敬を集めていた。

 私は、この先生の書をカレンダーにしているのかと思った。

 職員さんにたずねてみたら、市販のカレンダーだとのこと。

 インターネットの無い時代で、「みつお」なる人の正体を調べるすべがなかった。

 しかし、下手くそに見える文字が気になってしかたがなかった。

 カレンダーをよく見ると、大きな筆文字の下に小さな活字で詩のようなものが書いてあった。

 そのうち…
 そのうち…
 そのうち…   と

 できない理由を
 くりかえしているうちに

 結局はなにもやらなかった
 空しい人生の幕が下りて
 頭の上に 寂しい墓標が立つ

 私は、このままでは「寂しい墓標」が立ってしまうと感じた。

 寂しい墓標が立たないように、「今、やろう」と思った。

 しかし、「今、やろう」は、「そのうちに」「そのうちに」と、25年余り手つかずのままだった。

 今まさに、自分の頭の上に「寂しい墓標」が立ちつつある。

 もうそれは、避けようもないことかもしれない。

 そう感じて、何も言えなくなってしまいそうになっている。

 まだ、なんとかしたいとは思っているが。

« 下書きのまま公開できない記事 | トップページ | 憲法9条の活用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/58778843

この記事へのトラックバック一覧です: 寂しい墓標:

« 下書きのまま公開できない記事 | トップページ | 憲法9条の活用 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ