« 官製犯罪 | トップページ | 明日、東九州道路 宮崎・大分間開通 »

2015年3月19日 (木)

悪徳不動産屋日記 弁護士の債務整理

 恐怖の客さんが来店された。

 貸し店舗の家主さんなのだが、この家主さんが来店されるのは何かトラブルがあったときだけだ。

 管理を依頼されているわけではないのだが、ちょくちょく相談にみえられる。

 それが、いつももめごとの相談。

 おまけに、この家主さんときたら、この世の終わりみたいな深刻な顔をしてやってくるのだ。

 その顔を見ると、地獄の底に引っ張り込まれそうな気分になる。

 気の弱い私としては逃げ出したい心境なのだが、あいにく私の事務所はガラス張りで逃げ場がない。

 そんな弱気を見透かされたら、悪徳不動産屋の名折れになる。

 心の動揺を隠して、平然と応対する。

 この家主さんの深刻な顔についだまされてしまうが、話を聞いてみると対した問題ではないことが多い。

 さて今日はどんな悩みだろう。

 気を取り直して声をかけた。

 「今日は、どうされましたか?」

 すると、「弁護士からこんな書類ががきたんですけど」と言って封書を取り出した。

 家賃を滞納したまま退去した賃借人が破産するという話を聞いていたから、破産の手続きを依頼された弁護士からのもののようだ。

 それだったら家主が困るような内容ではないはずだ。

 封筒から書類を取り出し、書類に目を通す。

 その文書にはこうあった。

 「債権者各位
  当職は、下記債務者の債務整理事件を受託しておりましたが、今般、諸事情により辞任いたしましたので連絡します」

 なにも難しい言葉は使われていない。

 破産の申し立ての手続きを依頼されていた弁護士が、その役目を辞退するというだけの話だ。

 だからどうなるのか、それはわからない。

 だけど、どういうことが起こっているのかは想像できる。

 「諸般の事情により」という内容の無い理由で辞任したという文面だから、1番考えられるのは、債務整理(破産を含む)の依頼人が、弁護士が手続きに入った後に手続きに協力しないのだろうということだ。

 弁護士に債務整理を依頼するという人が、どういう状態にあるのかといえば、払えないほどの借金をかかえてしまった人だ。

 しかし、借金の支払いで苦しんでいる人が、みんな破産や、債務整理をするわけではない。

 借りた金は払わなくてはいけない。

 支払いが滞ると、当然、督促を受ける。

 たいていの場合、支払いを遅らせる人は、まず言い訳をする。

 言い訳をして、しばらくはごまかすこともできるが、結局約束を守らないことが多い。

 約束を破られた人は、堪忍袋の緒を切らし厳しく取り立てることになる。

 そして、多くの人が、借金に借金を重ねて、なんとか取り繕いながらやり過ごすことになる。

 友人知人から金を借りまくって迷惑をかける人もいる。

 借金を踏み倒される人は黙っていられない。

 「払え、払え」と厳しく責めたてる。

 貸した方も命懸けだ。

 ことに金融業者の取り立ては厳しい。

 厳しい取り立てに耐えかねて弁護士さんを頼ることになる。

 債務整理を引き受けた弁護士さんは、まず債権者に通知書を出す。

 通知書には、「当職は、この度、後記債務者から依頼を受け、同人の債務整理の任に当たることになりました。つきましては、今後、債務者や家族、保証人への連絡や取立行為は中止願います。」 とある。

 弁護士からの通知書が届くと、貸し金業者からの取り立てはとまる。

 それは、見事なくらい、ピタッととまるのだ。

 厳しい取り立てに眠れない日が続いていた人は平穏な生活を取り戻すことになる。

 その後、弁護士さんは法律的な手続きに入る。

 破産や任意整理の手続きをして、法律的に債務(借金)の支払い義務をまぬがれることができる。

 しかしだ、借りた金を返さなくて、借りれるだけ金を借りまくることを平気で続けて来た人の中には、信じられないほどの性格悪い者がいるのだ。

 弁護士さんに依頼して、厳しい取り立てが止まると、ほっとして、あとの手続きをほったらかす者がいるのだ。

 報酬の前金をあずからないまま手続きに入る人の良い弁護士さんもいる。

 弁護士が、「当職は、この度、後記債務者から依頼を受け・・・」という通知書を出して、取り立てが止まったことをいいことに、とんずらをかまして弁護士さんをただ働きさせるという強者がいるのだ。

 今回の弁護士さんが、そんな人の良い弁護士さんではないかと私は想像している。

 「諸般の事情により」「辞任します」という文面が、そう想像させるのだ。

 辞任ということは手続きは終了していないということになる。

 他の弁護士に頼んだとか、借金を払う目処がたって債務整理の必要がなくなったとかいうのであれば、「諸般の事情」ではなく、「事情」の説明があるはずだ。

 金融業者をひっかけるだけではなく、弁護士さんまでひっかけるという、信じがたい輩がいるのだ。

 この通知書に隠れている弁護士さんの本音は、「こいつの債務整理の手続きはやめたので、債権のある人はどんどん取り立てにいきなさい」ということではないのだろうかというのは私の邪推。

 私が弁護士だったら、「弁護士に仕事を頼んでおいて、報酬料も払わないなどとは許せない。

 皆さん、どんどん取り立てに行ってください。」と電話したいところだろう。

 相談にみえた家主さんには、私が想像する話を解説して差し上げた。

 そして、「ね。家主さん。おそらく、あなたよりもっと多額の金を踏み倒されている人がいるんですよ。だから破産の申し立てをすることになったわけだけど、その弁護士さんまでひっかけたかもしれないんですよ。家主さんだけが被害者じゃないんですよ。」などと、変な慰め方をする悪徳不動産屋の出来事だった。

« 官製犯罪 | トップページ | 明日、東九州道路 宮崎・大分間開通 »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/59326775

この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳不動産屋日記 弁護士の債務整理:

« 官製犯罪 | トップページ | 明日、東九州道路 宮崎・大分間開通 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ