« 悪徳不動産屋日記 悪徳不動産屋の名が廃る | トップページ | 悪徳不動産屋日記 民法改正案閣議決定 »

2015年3月31日 (火)

古賀さん報道ステーション降板。真相発言。

27日の報道ステーションでの古賀さんの発言と、それに対応する古館キャスターのやりとりが、ネットでは話題になっている。

 私は、自分の意見を言える立場にある人としての古賀さんのやり方は肯定できなない。

 発言の内容にしても、古賀さんの安倍政権批判がすべて正しいと思うわけではない。

 しかし古賀さんの言葉で、私の心の中に巣くっていた説明のできない無力感の意味がわかった。

 古賀さんの発言を、あわてまくった古館キャスターが制してしまったことに対して、古賀さんが最後に投げかけた言葉だ。

 ガンジーの言葉だと言っていた。

 「 あなたのすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。

  そうするのは世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためだ。
 
  つまり圧力とか自粛に慣れていって何もしない。
 
 
  一人でやったってしょうがない、ただ叩かれるだけだと言って、なんにもしないでいると、自分が変わってしまって本当に大きな問題が起こっていることに気がつかなくなるということがある。」というのだ。
 
 
  このところ、私は書くことができなくなっていた。
 
 
  何もやってこなかったことを痛感し、もっともらしい意見を述べる気力を無くしていた。
 
 
  古賀さんが最後に投げつけたガンジーの言葉が、私の萎えた気持ちに少し力を与えてくれた。
 
 
  私の思いは古賀さんの信念とは別次元のものでしかないかもしれないが、「無意味」であっても、「自分が変えられない」ために、勝手な思いを書く意味はあるんだと勝手な納得をさせてもらった。

« 悪徳不動産屋日記 悪徳不動産屋の名が廃る | トップページ | 悪徳不動産屋日記 民法改正案閣議決定 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/59474843

この記事へのトラックバック一覧です: 古賀さん報道ステーション降板。真相発言。:

« 悪徳不動産屋日記 悪徳不動産屋の名が廃る | トップページ | 悪徳不動産屋日記 民法改正案閣議決定 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ