« テレビの不安誘発操作にはだまされないぞ | トップページ | 悪徳不動産屋日記 直近のあやまち »

2015年3月25日 (水)

悪徳不動産屋日記 過去のあやまち

 商談で、客様のお宅へお伺いした。

 玄関チャイムを押したが応答が無い。

 今日お伺いすることは伝えていたが、いつも家におられるということだったので、時間の約束をしていなかった。

 何度か玄関チャイムを押していたら、庭で掃除をしていた隣家の方が、「さっき買い物に出かけましたよ。すぐに帰って来られるとおもいますけど。」と声をかけて来られた。

 私のお客様から何か話を聞いていたのか、私が不動産の話で来たのがわかったようで、「ちょっと聞いていいですか」とたずねられた。

 「はい。なんでしょう。」と答えると、「今、このあたりの土地はいくらくらいするのかね?」とおっしゃる。

 自宅の隣に貸し駐車場にしている土地があって、それを売ろうかなと思ってのことだった。

 話を聞くと、バブルの時期に買っていた。

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)は、バブルの時期にも極端な土地価格の暴騰はなかった。

 しかし、下がり基調の現在は買ったときより2割くらいは下がっている。

 そんな説明をしてしたら、検討して売ることに決めたら私に相談するから名刺をくださいと言われた。

 渡した名刺をじっと見つめている。

 そして、「私は、あなたの事務所に何度かたずねていってますよ」と言われるではないか。

 私は、まったく記憶にない。

 いやな汗が吹き出してきた。

 私は、希望の物件がみつからないと、お客さんをほったらかしにしてしまうことがある。

 また、お客さん面をして身勝手な態度のお客さんに対しては、追い返さんばかりの横柄な物言いになることもある。

 悪感情をいだかせてしまうことが多々ある。

 少なくとも、好感を与えることなどない。

 だから、こちらに覚えがない人から、「以前お会いしてます」などと言われると、不愉快な態度をとった相手ではないかと不安になるのだ。

 こわごわ、「すみません。大変失礼ながら私は覚えていないのですが、どこでお会いしましたんでしたかね」とたずねると、商工業者の経営状況のアンケート調査や統計調査で何度か当社に来ていると言う。

 これは行けないびっくり。「冷や汗だらり」である。

 私は性格が悪いもので、自分にとって迷惑なセールスや訪問者には、すこぶる冷たく、つっけんどんな態度をとってしまう。

 あからさまに迷惑だという態度をとることが多い。

 そんな私の態度を見かねて、仲良くお付き合いいただいている同業者の富士不動産さんから、「どこでどういう付き合いになるかわからないので、優しく親切に接した方がいいですよ」と注意されたことがあるくらいなのだ。

 これが、富士不動産さんのおっしゃる「何かの出会いだ」と、なんとも気持ちの悪い汗が溢れだす。

 「そうですか。申し訳ない話ですが私はまったく覚えていないんですけど、(私は)失礼な態度で応対しませんでしたか」と恐る恐る聞いてみた。

 「私、忙しいときに、つっけんどんな応対をすることが多いものですから・・」と言い訳を付け加えて。

 すると、「いや。そんなことはなかったですよ」とのこと。

 そんなことがなかったから、私に土地の相談をしてくれることになったのだろう。

 私は、「以後、絶対、不用な来訪者にも親切な応対をします」と心に誓った。

« テレビの不安誘発操作にはだまされないぞ | トップページ | 悪徳不動産屋日記 直近のあやまち »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/59403356

この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳不動産屋日記 過去のあやまち:

« テレビの不安誘発操作にはだまされないぞ | トップページ | 悪徳不動産屋日記 直近のあやまち »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ