« 和風たこ焼き「善」 | トップページ | はなみずき »

2015年4月20日 (月)

爆笑問題「日曜サンデー」の大橋巨泉さん

 昨日、TBSラジオ19日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」で、ゲストの大橋巨泉さんが太田光氏と激論を交わしていた。

 巨泉さんは、太田光氏が前日(18日)に安倍総理主催の「桜を見る会」に出席したことを痛烈に批判した。

 私も、昨日の夕方のニュースで「桜を見る会」の太田氏の映像に違和感を感じていた。

 太田氏は、先月29日に出演したラジオ放送で、米軍基地の辺野古移設をめぐって安倍総理を「バカ」だとまでと罵倒していた。

 それにもかかわらず、総理とにこやかに談笑しているではないか。

 安倍総理は、ことさらににこやかな笑い顔で話しかけ、「あまりひどいこと言わないでくれよ」とでも言っているかのようだった。

 テレビカメラがとらえた太田氏の顔は、私には総理と会えてうれしそうに見えた。

 ネットでは、その様を太田の「変節」だという批判が殺到していたが、私も「変節」だと感じた。

 そして私は、安倍総理の裏に凄腕のシナリオライターの影を感じた。

 巨泉さんは、「お前利用されているんだよ」

 「自分を批判したお前を会に招いたことで、心が広いことをアピールしているんだよ」と、太田が安倍政権に利用されたのだという見解を語っていた。

 まったく同感であった。

 自分なら招待されても絶対に出席しないという巨泉さんに対して、太田は「(巨泉さんが)言いたいことがあるのであれば、直接あって言うべきだ」

 「招待されてもいかないというのは、逃げていることだ」

 などと、もっともらしい理論を展開していた。

 巨泉さんは、それに対しては、「そんな話(批判論)ができるような席ではないだろう?」と言っていた。

 これも、その通り。

 テレビの画面に映し出された太田氏が、総理に意見を述べているような感じは見受けられなかった。

 巨泉さんは、安倍政権を批判し続けている。

 私は、巨泉さんの意見は偏りすぎたところもあって、全面的に支持することはできない。

 しかし、「何でも物が言える世の中を守らなければいけない」という意見には全面的に賛成だ。

 こんな小さな私のブログでさえ、ちょっと体制に批判的な意見を書くと、間違っているとただしに来る人がいる。

 私は、私の意見に従えと言ったことはない。

 私は、疑問に感じることを疑問だと言い、自分が嫌だなと思うことは「嫌だ」と言っているだけだ。

 体制を批判する人の意見は、体制側のここがおかしいと言っているものが多い。

 「自分に従え!」と強制しているものは少ない。

 自分が体制側ではないのだから、「従え!」と強制できる立場ではないから強制しないのは当然のことだ。

 しかし、体制に異論を唱える者に対して、体制側は「お前らは間違っている。俺に従え!」と強要意見が多い。

 物を言うことが嫌になっていたのだが、「日曜サンデー」の大橋巨泉さんから少し力をもらった。

 まだ今は、物を言うことが許されている世の中だから、おかしいと思ったらおかしいと言い、嫌なことは嫌だと言うことにしたい。

 。

« 和風たこ焼き「善」 | トップページ | はなみずき »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私は時々、あなたの意見がバランスの取れていない、片方の見方しかしていないにもかかわらず、いかにも分かっているかのように書くスタイルが、まるで、朝日新聞の丸写しのように見える時があります。
あなたの書かれていることで、面白いのは、悪徳不動産屋のだけです。
これは、ご自分の考えが、ご自分の体験を通じて、ご自分の言葉で書かれているからです。人間に対する観察力も大変鋭いものをお持ちのように思います。
それだけの能力のある人が、国際問題や政治に関する問題になると、途端に、現実的な感覚が失われ、代替案を示さないマスコミや民主党のようにおなりになるのか不思議です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/59712143

この記事へのトラックバック一覧です: 爆笑問題「日曜サンデー」の大橋巨泉さん:

« 和風たこ焼き「善」 | トップページ | はなみずき »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ