« 人間性が露呈される東九州道路 | トップページ | 原発 国立競技場 安保 »

2015年7月 8日 (水)

たった1週間がなんだ! こちらは1カ月だ!

 今朝の「とくダネ」で、東京が7月に入って1週間雨続きだと騒いでいた。

 7月に1週間雨が続くのは何十年ぶりか(正確には聴いていなかったが)の記録だと言っていた。

 いつものごとく、長雨の被害を大盛りにして報じていた。

 街頭インタビューに出て、歩行者にマイクをむけると東京住民たちは大仰に大仰に鬱陶しいだの洗濯物が乾かないだと嘆く。

 ビアガーデンでは開店休業だと泣き言を言わせ、商店街では夏物が売れないと商店主に嘆かせる。

 1週間の雨で朝のワイドショーの1コーナーが成り立っていた。

 たった1週間だろう?

 当地(宮崎県の北端の街・延岡市)では、5月31日以来、ずっと雨が降り続いている。

 この1カ月と9日間で、晴天はたったの2日。

 ぐずついた空の合間から、ちょとだけお日さまを拝めたのが3度。

 あとは、ずっと雨だ。

 天気の記録では曇りで表示されている日だって、合間に小雨が降った日もあるのだ。

 日頃私は、雨の日以外はバイクで動き回っているのだけど、この1カ月でバイクで動けた日は3、4日しかない。

 すべての目線が東京中心になっているというわけだ。

 幸い当地では、人命にかかわるような被害はないが、1カ月も雨が続いているのだから、東京どころではない大きなな影響がでているはずだ。

 ことに農作物には大きな被害が出ているだろうし、ビアガーデンも衣料品店も東京の比ではないだろう。

 なにせこの1カ月、まったく日差しが無いせいで気温が上がらない。

 南国九州だというのに、今年はまだエアコンをつけたことがないし、半袖のシャツの出番も無い。

 1カ月以上の長雨は異常事態であって、それは当地・宮崎だけのことではなく、鹿児島、熊本はもっと大きな被害が出ている。

 それに比べると東京の1週間の雨など、長雨というには値しない。

 1カ月の長雨の被害を受けた身には、今朝のワイドショーに、東京中心主義社会を感じてしまう。

 そう感じると同時に、福島の被災者の方々の思いは,いかばかりかと思い至った。

 安保情勢も、世界の景気も、国立競技場も、大変なことであるけれど、改めて福島の原発はどうなっているかを思ってしまった。

 くしくも、鹿児島県の川内原発の再稼働が「粛々」と進められている。

 

 

« 人間性が露呈される東九州道路 | トップページ | 原発 国立競技場 安保 »

10テレビの功罪」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

原発反対のご意見のようですが、なぜですか?
遠回しの表現が朝日新聞とソックリに見えます。
反対するけど代替案を出さないところもよく似ています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/60661805

この記事へのトラックバック一覧です: たった1週間がなんだ! こちらは1カ月だ!:

« 人間性が露呈される東九州道路 | トップページ | 原発 国立競技場 安保 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ