« すっきり | トップページ | お正月に思うこと »

2015年12月31日 (木)

泣いても笑っても 大晦日

 どうしてこんな接頭語がつくのかはよくわからないが、泣いても笑っても今年も残すところあとわずか。

 「泣いても笑っても」というのは、どのようにしてもということなのだろうが、どうして「泣いても笑っても」なのか、私にとってずっと、もやもやした言葉なのである。

 その意味を深く掘り下げても、余り意味はないので、そのまま受け入れることにして、「泣いても笑っても」今年も残すところあと3時間余りになってしまった。

 ここまで来ると、今年の嫌なことはすべて投げ捨てて、新しい年に希望を託すことになる。

 そんなことを、ずっと繰り返してきたのだが、今年は今までとはちょっと感じが違っている。

 その場しのぎでなんとかここまできて、あろうことかやっと去年くらいから自分の年を実感しているのだ。

 それは実感というよりも痛感というべき感覚で、年を実感してしまうと、もう後がないという気持ちに追いやられる。

 しかし、「泣いても笑っても」放り出すわけにはいかないので、やっぱり気持ちを新たに新しい年に向かおうと思っている。

 今年も残り3時間。

 車の通りもめっきり少なくなって、歩く人もいない。

 この時間から除夜の鐘の音が鳴り始めるまでの時間が、1年中で1番街が静かになる時間ではないだろうか。

 多くの人が家族といっしょに行く年を送り、来る年を迎えているのだろう。

 私も、まだなんとか心安らかにこの時間を過ごしている。

 

 

« すっきり | トップページ | お正月に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/63243740

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いても笑っても 大晦日:

« すっきり | トップページ | お正月に思うこと »