« サルの健康のためにバナナ禁止 | トップページ | 真冬はいつ? »

2016年1月11日 (月)

竹田圭吾さん死去

 涙の理由がわからなかった。

 今朝の「とくダネ」で、小倉キャスターが「このニュースだけはお伝えしたくなかった」と、ジャーナリストの竹田圭吾さんが亡くなったことを報じた。

 51歳だった。

 竹田圭吾さんは「とくダネ」のコメンテーターをされていたが、やわらかい語り口だが鋭い意見を述べられていた。

 一昨年、しばらく顔を見かけなくなったなと思っていたら、以前とは別人のようなやせ細った姿で再出演されていた。

 その姿は、一瞬で、難しい病気を抱えているとわかるものだった。

 その後、少し顔もふっくらしてきて回復しているのかなと思っていたが、先月見たときは、相当様子が悪いように見えた。

 はためにも、テレビ出演は大丈夫なのかと心配になるほどだった。

 そんな竹田さんだったが、私が見ている限りでは、とくダネで竹田さんの病状について触れたことはなかった。

 昨年、別な番組に出演中に、がんであることを告白されたらしいが、本人の意思を察して、小倉さんを始めとするとくダネスタッフは、あえて病状について余り深く触れることはなかったらしい。

 苦しそうにしている姿をみて、無理はなさらなくていいですよと声はかけることはあったが、「どうしても番組に出たいのです。それが私の生きざまです。」と言って、番組出演を続けたらしい。

 死を覚悟しての出演だったのだろう。

 私は、竹田さんに格別に思い入れがあったということではなかった。

 それなのに竹田さんの死に、なぜこんなに涙が出るのかわからなかった。

 それは、100%生き尽くした竹田さんの姿に対するものだったのだろう。

 つくづく、人が立派に見える今日このごろである。

« サルの健康のためにバナナ禁止 | トップページ | 真冬はいつ? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/63419807

この記事へのトラックバック一覧です: 竹田圭吾さん死去:

« サルの健康のためにバナナ禁止 | トップページ | 真冬はいつ? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ