« 白鵬の白霧島のCM ゲス野郎たちに聞かせたい | トップページ | 文枝さん。笑いなはれ。 »

2016年2月21日 (日)

悪徳不動産屋日記 心洗われる思い

私は、よだきんぼ(宮崎弁で、なまけもの)
不動産屋。

時は、2月下旬。日本中一斉に移動の時期。

不動産屋の一番の繁忙期である。

それにもかかわらず、当社はよだきんぼを決め込んで、日曜日を休みにしている。

しかし、さすがに2月の異動時期。

会社から、転送の電話が入った。

ホームページを見ての問い合わせのお客様であった。

「今日やってますか?」の質問に、大いに気が引けたのであるが、「一応休みです」と答えた。

 繁忙期の日曜日。

 「こんな日に休んでいるのかい」と文句の一つも言いたいはずだろうに、お客さんは、怒るでもなく、あきれるでもなく、「今、当地(宮崎県の北端の街・延岡市)に向かっているのだけど、部屋をは見られないですね」と残念がる。

 私は、よだきんぼの悪徳不動産屋。

 しかし、ホームページに目を止めていただいて、県外からおみえになるとあっては、なおざりにはできない。

 ましてや、わが社のホームページは他社にくらべて貧弱なもの。

 検索結果は下順位のはず。

 上位の不動産会社のホームページも見ているはず。

 通常、ホームページであれこれ検索して、複数の不動産業者の物件を見て回るお客さんが多い。

 他にお勧めする物件はないし、お役に立てるものかどうかはわからないが、とにかくご要望のあった物件を案内させていただいた。

 なぜか、このお客様、数ある不動産屋があるなかで、検索結果下順位のはずの当社の物件にしぼって見に来られた様子。

 見るなり気に入られ、申込みをしてお帰りになった。

 休みの事務所に戻り、申込みのあったマンションの事務処理をしていたら、またしても電話。

 この電話も、「ホームページを見ているんですが・・・」の前置きからの問い合わせ。

 なんともはや、今は不動産業者の繁忙期真っ只中なのだなと反省しつつ、お客様のご要望を聞く。

 今、当社の看板のある家の前にいるのだが、中を見せてもらえないかということであった。

 こちらは売買物件である。

 もちろん、よござんすである。

 愛用の大型バイクでかけつける。

 なんと、なんと、親御様ご夫妻と、当事者御夫婦にお子さまの大人数でお待ちになっていた。

 当社のホームページで、あらかたの内容を見た上で現地に来られ、外観を気に入ってからの電話であった。

 全員で家の中を見て回られ、即座に購入申込みをいただいた。

 なんとも、おどろくべき日曜日であった。

 来週の日曜日は、店を開けておかなければ神様に怒られそうであるなあ。

 

« 白鵬の白霧島のCM ゲス野郎たちに聞かせたい | トップページ | 文枝さん。笑いなはれ。 »

05不動産情報館日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/64090026

この記事へのトラックバック一覧です: 悪徳不動産屋日記 心洗われる思い:

« 白鵬の白霧島のCM ゲス野郎たちに聞かせたい | トップページ | 文枝さん。笑いなはれ。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ