« 確定申告受付開始 | トップページ | 病床再編 軽症者向けへ転換促す »

2016年2月18日 (木)

放射能なんて怖くない

 放射能をまったく怖くないという人がいるということを知らされて、驚いた。

 「  私は怖くないです。
あなたが放射線を怖いという根拠を示して下さい。
あなたの発言は感情的なように見えます。
自分の考えを示されているのですから、きちんと答えていただきたいです。」

 私のブログに対して、上記のとおりのコメントが入った。

  2月10日の私のブログの記事に対してのコメントだ。
 
  2月10日の私のブログは、丸川玉代環境相の放射能発言問題についての私の感想だった。
 
  あの日は仕事が忙しくて、ゆっくりブログを書く時間がなくて、ちゃちゃっと書いた記事だった。

  ちゃちゃっと書いたから、ごく短い記事になっている。

 ごく短い記事からもう1度ここに転載する。
 
 丸川珠代環境相は7日、松本市内で講演し、東京電力福島第1原発事故を受けて国が原発周辺などで行っている除染で、基準となる年間被ばく量を1ミリシーベルトとしている点についてのは根拠がないという発言が問題になっている。

 私は、その講演の中で、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる」と言っている言葉の方の方に興味がわいた。

 「反放射能派というと変ですが」と、自分でも変だなと思いつつも、放射能のことで細かいことをがたがた言うなよと言いたかったのだなということがわかる。

 それで、丸川氏が創った言葉が「反放射能派」

 放射能を気にする人たちを「反放射能派」と呼ぶのなら、その反対の人たちは「親放射能派」とでも言うのだろうか。

 それとも「好放射能派」というべきか、「容放射能派」と呼ぶべきや?

 でも、世の中に放射能を気にしない人っているのかなー。

 1ミリシーベルトだか、ベクレルだかわからないけど、「どれだけ下げても」怖がるのが普通だろう?

 「1ミリシーベルトの放射能なんて怖くない」と平気な人が日本中に何人いるのかな。
 以上が2月10日の私のブログだ。

 筆者として内容を解説させてもらうと、この記事のポイントは「反放射能派」という丸川さんの造語だ。

 「反放射能派」という、聞き慣れない言葉がひっかかって、放射能に反対する人たちを「反放射能派」というのなら、放射能を推進する人たちは「親放射能派」とでもいうのかな?と思ったわけで、いわば言葉遊びなのだ。

 私のブログは、 自分の思いつきを、思うままに書きなぐっているチンケなもので、1日の来訪者は100人程度もの。

 世の中に何の影響力も無いのだが、時の権力を批判するようなことを書くと即座にそれを避難するコメントが入る。

 私は、私の意見に人を従わせようと思っているわけではなく、自分はこう思うということを思うままに書いているだけのことで、私の意見を認めない人が私を避難するのはとがめはしない。

 気分は悪いが、削除はしないでそのまま残して放置している。

 今日は、ブログを書くネタがなかったから、私を避難するコメントをネタにさせてもらうことにした。

 いつものことであるが、私に避難のコメントを入れる人は、文章の読解力に欠ける人ばかりだ。

 今日のコメントが実にいい例だ。
 
 いきなり、「私は放射能は怖くありません」ときた。

 それは結構なこと。

 無防備で福島の原発事故処理現場にに行かれてはどうか。

 「あなたが放射能を怖いという根拠を教えてください」とのことだが、私のまわりに放射能は全然怖くないという人がいないだけのことで、放射能は怖いものなのですよと喧伝しているわけではない。

 「あなたの発言は感情的」ということだが、私はまったく感情的に怒ってもいないし悲しんでもいない。

 このコメントさん(コメントをくれる人)は、いつも私の発言を感情的と指摘し、「きちんと答えてください」と結ぶのが常だ。

 自分は名前も名乗らず、自分がどういう考えかを述べることなく、自分の意見と違うから、そのわけを述べよと意見してくる。

 私は、自分の正体を明らかにしてブログを書いている。

 匿名で好き勝手を書いているわけではない。

 発した言葉から逃げることはできないのだ。

 コメントさん。どこのどなたか知りませんが、あなたが自分の意見を述べているブログなり、ウェブページがあれば教えてください。

 あなたのお考えを勉強させていただきます。

 私は、こう見えて(どう見えているかはわからないが)読解力には少々自信があります。

 私は自分の考えと違った意見でも、納得すれば、虚心坦懐、素直に賛同いたしますよ。
 ここのところ仕事が忙しくて、ブログのネタに困っていたもので、あなたのコメントをネタ使わせていただきました。

 今日はありがとうございました。
 

« 確定申告受付開始 | トップページ | 病床再編 軽症者向けへ転換促す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よく調べて書いた方がいいと思います。
1mSVという数字がどんな意味があるか調べないで書いているところが感情に流されていると指摘しているのです。
あなたの主張は、私たちは年間どれくらいの放射線を浴びているのか理解して書かれていると思われません。
私は1mSVなんて全く怖くないですよ。
この書き込みに対してあなたは感情的に、また、反応して書かれています。
インターネットではいろいろなデータを入手出来ます。
データを調べられた上でご自分の考えを書かれることをおすすめします。
調べられた後のあなたのお考えをお待ちしています。

その後、日本に住む人が一年間どれくらいの放射線を浴びているかお調べになりましたか?
そのデータを調べて発言された方がいいというのが私のアドバイスでした。

* 「1ミリシーベルトの放射能なんて怖くない」と平気な人が日本中に何人いるのかな。

これに対する私の答えが「私は怖くないです」という意味でした。
日本人は北と南では受ける量が違うようですが、1〜3mSV浴びているというデータが普通のようです。
1mSVが怖いようであるならば、病院での検査(CT)や温泉などには絶対に行かない方がいいことをあなたにアドバイスしておきます。

*私は、こう見えて(どう見えているかはわからないが)読解力には少々自信があります。

本当ですか?なら、この文脈が読めていたはずですが、、、。
自分で自分のことをどう理解されるかはあなたの自由です。

*私は、自分の正体を明らかにしてブログを書いている。
*匿名で好き勝手を書いているわけではない。
*発した言葉から逃げることはできないのだ。

確かにそうです。だから発言に責任が伴うのです。だから立派なのです。
従って、私がおかしいと思うことをあなたにアドバイスできるのです。
あなたはアドバイスと理解していないかも知れませんが。単なるクレームだと捉えていらっしゃるかも知れません。

あなたは不特定多数の人に読んでもらうことを前提にこのブログを運営されているのです。
当然ですが、不特定多数の読者がいろいろ自由に書き込むことを前提としてご自分の意見を書かれていると思います。

1つ誤解していただきたくないのは、私は感情的にあなたに反論しているのではなく、あなたの考えの根拠が偏っていることに対して、私が訂正した方がいいと考えることを書いています。
あなたのブログは面白いのです。特に人間観察は非常に面白いです。これは認めます。
どんどん書いて下さい。

しかし、データに基づかない、あるいは根拠がはっきりしない発言がある時だけに私は、それは違うのではないでしょうか、と書き込んでいます。
なぜなら、あなたの考え手に対して「書いてもいい」とされているからです。

私は、(私が)あなたの間違ったと思われる内容についてのみ、データに基づく反論を書いています。なぜなら、あなたの書かれている内容が、このブログを読まれる人に間違った知識を与えてしまうことを心配しているからです。

今後のぜひ、書き続けて下さい。大変面白いです。

今後のぜひ、書き続けて下さい。大変面白いです。

訂正:今後もぜひ、書き続けて下さい。大変面白いです。

訂正
なぜなら、あなたの考え手に対して「書いてもいい」とされているからです。

「考え方」の間違いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/64025449

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能なんて怖くない:

« 確定申告受付開始 | トップページ | 病床再編 軽症者向けへ転換促す »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ