« 3月30日 | トップページ | 4月1日 ヒートテックを脱いだ »

2016年3月31日 (木)

春の選抜高校野球 智弁学園が優勝。

春の選抜高校野球は、智弁学園が延長十一回にサヨナラ勝ちで優勝した。
 
  試合を決めたのはエースの村上頌樹投手。
 
  今大会、5試合をすべて完投。669球を投げ抜いた。
 
  「終盤には下半身に力が入らなかった。気持ちだけで投げていた」と言っていた。
 
  それでも「楽しかった。ここで抑えたら球場はどうなるんやろうと思って投げていた」
 「自分たちの代で歴史を変えようと話をしてきた。歴史は変わったと思います」と喜びの声をあげていた。

 本当に、天にも昇るような喜びを感じていることだろう。

 仕事中で試合は見ていないが、心から祝福と敬意を評したい。

 しかし、いつも思うことだが、甲子園の試合のありかたはなんとかできないものか。

 準々決勝からは、肩を休ませることもできない連戦が続く。

 しかも、高校野球ではエース一人で投げきるということが多い。

 喜びに水を差すようだが、悲観的な、よだきんぼ(宮崎弁で、なまけもの)おじさんは、肩を傷めていないといいなあと心配してしまうのである。

« 3月30日 | トップページ | 4月1日 ヒートテックを脱いだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/64742792

この記事へのトラックバック一覧です: 春の選抜高校野球 智弁学園が優勝。:

« 3月30日 | トップページ | 4月1日 ヒートテックを脱いだ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ