« 今晩のニュースのトップは高気温 | トップページ | それでも地球は回る »

2016年3月 8日 (火)

話題のブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」 総理、一転、「待機児童を減らす」 でも具体策は示さない。空気を読む術に長けた総理。だまされないぞ。

話題のブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」

 

 2月29日の衆院予算委員会で、このブログの内容について質問を受けた総理は、「匿名での書き込みで、本当に起こっていることか確認しようがないがない」と、得意の話のすり替え。

 

 「どう思うか?」という質問に対して、「確認しようがない」という答えは的外れ。

 

 答えたくないのであれば、せめて「匿名の書き込みには答えたくない」と答えるべきだろう。

 

 総理を援護して自民党議員が、「誰が書いたんだ」「書いた奴を出せ」などとヤジを飛ばす。

 

 野次を飛ばす一人として、はっきりテレビに映っていたのは平沢勝栄議員だった。

 

 口の動きと声も拾われていた。

 

 総理に対しての質問は、誰が書いたかが問題じゃなくて、待機児童をどうするかを議論することが目的なのに、その内容にはいっさい答えなかった。

 

 いつもそうだ。

 

 自分にとって都合の悪い質問に対しては、答えることなく話をすり替える。

 

 すり替えを指摘され、再度答えを求められても、いっさい本題には答えようとせず、話をはぐらかす。

 

 そんなシーンを何度見たことだろう。

 

 議論はかみ合わず、それを攻撃できる野党議員もいない。

 

 そんなやりとりを見せつけられて、いつも歯がゆい思いをしているが、なぜか支持率が落ちない。

 

 だから、強気で傲慢な対応をくりかえす。

 

 「保育園落ちた」は、政府の対応に国民の怒りの声が巻き起こった。

 

 まずいと察知した総理は、一転、言をひるがえして、「待機児童を減らすために、政権交代前の倍のスピードで受け皿作りを進めている。保育士の待遇改善にも取り組みたい」と言いつくろっていた。

 

 これも安部総理の得意とするところ。

 

 強気で傲慢だが、世論動向には細かく気を使っている。

 

 世論が自分に批判的だと感じたら、即座に方向転換をする。

 

 勢いの良いスローガンをかかげる。

 

 そして、「前政権よりはまし」だというような台詞を組み込む。

 

 「待機児童を減らすために政権交替前の倍のスピードで受け皿作りを進めている」というけど、「倍のスピード」の根拠って何だろう。

 

 「保育士の待遇改善にも取り組みたい」というけど、「取り組みたい」とは言っているが、「取り組む」とは断言していない。

 

 私は、竹中平蔵は口がうますぎて大嫌いだったが、阿部総理の口のうまさは竹中平蔵にも負けず劣らず、むしろもっとタチが悪いように感じている。

 

 (これは、私の個人的感想で、安倍総理の効果・効能を示すものではありません)

« 今晩のニュースのトップは高気温 | トップページ | それでも地球は回る »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1375129/64345014

この記事へのトラックバック一覧です: 話題のブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」 総理、一転、「待機児童を減らす」 でも具体策は示さない。空気を読む術に長けた総理。だまされないぞ。:

« 今晩のニュースのトップは高気温 | トップページ | それでも地球は回る »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ